ビジネスキャンプがお約束する3つの成果

  • 1. ビジョン

    自分たちの部・チーム・プロジェクトの目標はどこにあるのか?会議室ではなかなか実現できないのが「皆が同じベクトルを向く」ことです。ビジネスキャンプではチームの方向性をひとつにするためのきっかけづくりを提供します。

  • 2. 主体性

    ビジネスキャンプは、参加者ひとりひとりに「やる気・その気」をプレゼントします。キャンプで語り合った組織のビジョンを「自分ごと化」させ、個人の主体的なアクションの方向性と結びつけることをお約束します。

  • 3. 創造性

    「その視点は会議室では出てこない」そう言われるのが我々のなによりの喜びです。非日常的なリラックス空間の中でビジネス課題を話し合うことで、知らず知らずに問題を解決するための斬新な視点を御社のチームに提供します。

ビジネスキャンプが提供する、成果創出のためのポイント

「非日常体験」「相互理解体験」「課題解決体験」の3つの体験を生み出すことが成果創出のポイントです。

プログラムを支えるわたしたちの知見
  • point1:個を解放する、非日常体験

    普段の仕事から離れ、リラックスした雰囲気を生み出す場づくりを通じて、自分の価値観や想いを自然と出し易くし、記憶に残る共通体験を生み出します。

    参加者の声

    • リラックスした空間の中で普段の仕事場などではわからないいろいろな相手の側面に触れることができた

  • point2:飲み会では得られない、相互理解体験

    ゆっくりと、数時間をかけてチームメンバーのプロフィールや価値観を理解しあう体験を設計することにより自身のチームメンバーの関係の質を高めます。

    参加者の声

    • あらためて本音で向き合えた

    • 自分自身を考える機会にもなった

    • リラックスした空間の中で、普通の飲み会などではわからないいろいろな相手の側面に触れることができた

  • point3:ビジネスを解決する、斬新な視点の獲得による課題解決体験

    単なる研修や旅行を超えて、創造的な雰囲気の中、会社の方向性や商品について語り合い、斬新な視点でビジネスを解決するヒントをつかめるように設計しています。

    参加者の声

    • 日常の会議では生まれてこない、個々の個性を活かしたアイデアが出てきた

    • アイデアが自分でもこんなに出るとは思わなかった

業種・タイプ 課題・テーマ 成果
X社 合併後の2社の風土の違いがプロジェクトの進行の妨げになっているため、実際に開発を行うチームメンバーのベクトル合わせを行ないたい。 チームメンバー同士の背景理解が進み、コミュニケーションが取りやすくなった。今後、長期に渡る開発プロジェクトのキックオフをキャンプ形式で行うことを検討。
Y社 創業メンバーと中途入社役員・部長の間のベクトル合わせながら、創業の思いを踏まえた今後の事業展開の方向性を見出したい。 創業メンバーの思いを、中途入社メンバーの専門性で実現するという方向が見え、半期に一度、キャンプを実施していくことを社長自らが決定。
Z社 戦略的な社員旅行として導入。本社からの出向役員と現地直傭の社員間のコミュニケーションの質を高めながら、今後のZ社のワークスタイルの方向性を見つけたい。 個人個人が、働きやすいZ社づくりに向けたアクションプランを発表。社内で褒め合う文化を根付かせる新プロジェクトを発足。

こんな課題を持つ方におすすめ

【こんな方に・・・】

  • □ チーム・組織の会議・研修を変えたい方
  • □ チーム・企業に活力を与えたい方
  • □ 組織内によりよい協力関係を生み出したい方
  • □ チーム・プロジェクトを新規に立ち上げた方

例えば、プロジェクトリーダー、経営者層の方

【現状の会議で、こんな課題を抱えていませんか?】

  • □ 今までの会議のやり方に疑問や課題を抱えている
  • □ 組織・チーム感の関係がうまくいっていない
  • □ 上下関係にとらわれ、自由に発言できない
  • □ 組織ビジョンが共有されない
  • □ 参加メンバーの自由なアイデア、意見を引き出せる会議ができない
  • □ 日常の会議では時間が足りずに、課題の解決に至らない
パッケージの概要

事前ヒアリング、課題抽出

ビジネスキャンプを実際に体験した専任の営業スタッフが御社の課題、予算など課題とご要望についてヒアリングをさせていただき御社の課題と一連のキャンプにおける期待成果について整理致します。

キャンプ当日

キャンプ前の様々な準備を経て当日を迎えます。御社のためにデザインされたプログラムをビジネスキャンプ公認の認定ナビゲーターの進行のもと、安全かつ効果的に実施致します。

アフターフォロー

当日のキャンプの様子や議論内容を踏まえて、キャンプ当日の議論内容の精緻化などのオリジナルのフォロープランを提案致します。

【推進チーム】

2~3時間の打ち合わせから、終日のワークショップ、ビジネスキャンプまで、あらゆるレイヤーでのミーティングの生産性を高めるために、様々な業界の企業、専門家、行政、地域のリソースを融合させています。
株式会社JTB法人東京、株式会社博報堂、ビーネーチャースクール

ビジネスキャンプのプログラム

豊富な知見を、余さずにプログラム設計に反映しています。

ビジネスキャンプの流れ
一日目

個人同士のプロフィール理解を通じた相互理解

  • 1対1でお互いの価値観を知りあう「相互インタビュー」
  • 日常ではわからなかった、個人の隠れたパーソナリティーを知る

個人同士の価値観理解を通じた安心感の醸成

  • 自分自身の過去を振り返り、各人が自身の価値観を見つめなおす
  • 自分自身のこれからの生き方に思いを馳せ、仕事へのスタンスや取り組みを見つめ直す
  • 参加者の互いの人生観を共有することで、相互理解を深める

インドアレクリエーションを通じた、チームの共通体験作り

  • 夕食前後に、オリジナルのレクリエーションを行う
  • 単なる宴会芸ではなく、各人が「気づき」を得られるレクリエーションを行う
  • メンバー個人の理解を深めるとともに、チーム全体の「らしさ」を共有する
二日目

アウトドアレクリエーションを通じた信頼感の醸成 非言語思考を用いた集中力の向上

  • 目隠しをするなど、他者を積極的に信頼しあう環境を作り出し、身体的信頼関係を築く
  • 野外に出て、リラックスした環境にいることで、日常は使わない五感を研ぎ澄ませる
  • 自然物を使ったワークを通じて、自身の思いにならなかった言語を表出させる

ビジネスの本題に関する集中討議

  • 通常の会議では難しい、創造的な思考によるアイデアを生み出す
  • 日常に戻った時に議論がしやすいアウトプットを生み出す
その後

ビジネスキャンプの成果を日常につなげるアフターフォロー

  • 恒常的に「関係の質」の高さを維持する環境づくりを行う
  • 参加者全員が心から納得するビジョンを作る体制を作る

ビジネスキャンプのサポート体制

JTB法人東京×博報堂
異分野の企業のコラボレーションで、御社に成果をもたらします。

「ビジョン」「主体性」「創造性」この3つの成果をもたらすために、
ソフト・ハード・研究開発のすべての側面で
JTB法人東京と博報堂が協働で開発を行ったのがビジネスキャンプです。

株式会社 JTB法人東京

JTB法人東京は数多くのオフサイトでの会議運営を通し、ビジネスマンに「感動体験」「ホスピタリティー」を提供している場づくりのプロフェッショナル集団です。

博報堂ブランドデザイン 株式会社 博報堂

博報堂ブランドデザインは年間100件を超える創造的なワークショップを通じて、クライアントの問題を解決している右脳型の次世代ビジネスコンサルティングチームです。また、博報堂全体で年間1000件を超える各種ワークショップをご提供しています。

【ビジネスキャンプの関連図書】

「だから最強チームは『キャンプ』を使う。」博報堂ブランドデザイン著(ダイヤモンド社)