トップに
戻る

海外における事件・事故とシミュレーション訓練・リスク情報配信について

若い世代の「内向き志向」を克服し、国際的な産業競争力の向上やグローバルな舞台に挑戦し活躍できる「人財」の育成を図るため、大学教育のグローバル化が進みつつあります。大学間協定に基づく海外留学は今後も増加が見込まれますが、送り出す側の大学は海外での様々なリスクに対する備えが必要です。近年頻発している米国での銃乱射事件、イスラム過激派等による国際テロの脅威、中東における一連の民衆革命やイラク情勢、ニュージーランドや中国での大地震、東アジアでの緊張関係、韓国で猛威をふるう中東呼吸器症候群(MERS)など海外で重大な事件・事故・災害・疫病が多発しており、それらに迅速且つ適切な安全対策や危機管理が求められています。

そこで、下記のとおり海外における留学生対応の事例や海外リスク情報配信サービスをご紹介させて頂き、あわせて危機管理シミュレーション訓練の機会を設けました。貴学の安全対策の一助となれば幸いです。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

日時
2015年9月11日(金)14:00〜17:00(13:30〜受付開始)
会場
東京国際フォーラムG402号室(東京都千代田区丸の内3丁目5-1)
定員
45名
参加費
無料

【第1部】トラブル事例共有と危機管理サービスについて

(株)JTBコーポレートセールス 国際交流センター
(株)JTBグローバルアシスタンス

海外(現地)で発生した事故は海外(現地)で解決するのがトラブル対応の基本。海外で留学生をサポートする仕組みが結果、大学を守ることにつながります。昨年度に弊社が対応した留学トラブル事例を共有させていただくとともに危機管理サービス(留学生トータルサポートプログラム)をご紹介いたします。

【第2部】有事の際の危機管理シミュレーション訓練

進行役:ジェイアイ傷害火災保険(株)リスクソリューションセンター 城戸 克斉
社)日本在外企業協会認定 海外安全・危機管理者 認定

学生に起こりうる海外での事件・事故等の危機対応を学ぶため、セミナーにお越し頂く国際交流ご担当者にご参加頂き簡単なシミュレーション訓練(初動対応)を実際に行って頂きます。

【第3部】海外リスク情報配信(アラート☆スター)・安否確認サービスのご紹介

(株)JTB事業創造部

海外渡航者の今いる場所に、いち早く最適に危険情報を伝え、留学中の学生の安心・安全をサポートする危機管理に特化したメール配信および安否確認サービスをご紹介いたします。

参加のお申込みについて

参加ご希望の方は、2015年 8月31日(月)までに以下のアドレスからお申込みください。
JTBリスクマネジメントセミナー『海外留学・研修におけるリスク管理と安全対策』お申込みはこちら

セミナー会場:東京国際フォーラム G402号室

東京国際フォーラムオフィシャルサイト > https://www.t-i-forum.co.jp/general/access/
◎JR線 有楽町駅より徒歩1分 / 東京駅より徒歩5分
(京葉線東京駅と地下1階コンコースにて連絡)
◎地下鉄 有楽町駅より徒歩1分
(出口D5と地下1階コンコースにて連絡)
有楽町線
有楽町駅と地下1階コンコースにて連絡(D5出口)
日比谷線
日比谷駅から徒歩5分 / 銀座駅から徒歩5分
千代田線
二重橋駅から徒歩5分 / 日比谷駅から徒歩7分
丸ノ内線
銀座駅から徒歩7分 / 京橋駅から徒歩7分
銀座線
銀座駅から徒歩7分 / 京橋駅から徒歩7分
三田線
日比谷駅から徒歩5分