2011年11月アーカイブ

 

2012318日(日)第18回ローママラソン大会が開催されます。

ローマの古代遺跡群を、陽気なイタリア人ランナーと駆け抜けませんか?

 

ン1.JPG                             (c)Michele D'Annbale

 

 

 

2012 ローママラソンツアー 

2012315日成田発 46

165,000- 2名様1室利用/燃油サーチャージ、マラソンエントリー代金別)

最少催行人数 15名様

募集人数 40名様

JTBはローママラソン公式旅行代理店です。

 

詳しくはウェブをご確認ください↓↓↓

http://sports.jtb.co.jp/triwwwp/tours/view/157/bwt2011-050marathon

 

申込はウェブにて、お受けいたします!!

エントリー料は申込時期により異なり、お申込みが早い方がお得です!

ぜひお早目にお申込みください。

 

 

2011年のローママラソン大会〜

スタート時にはイタリア国旗と共に日の丸が振られ東日本大震災の被災者に

エールが送られました。ローママラソンは東京マラソンと姉妹提携関係にあり

アレマノ市長と安藤裕康・駐イタリア日本大使が両国の国旗を振り参加者が一斉に

スタートを切りました。スタート前には主催者から「地震と津波被害にもかかわらず

参加してくれた日本の皆さんに感謝したい」とアナウンスがありました。

 

2012年ローママラソン、日本へのエールに感謝を込めて参加しませんか?

18回ローママラソンのテーマは、"That's Amore!"(それが愛!)

みなさまのご参加をお待ちしております!!

 

 

 

ン2.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(c)Christel Schemel

 

 

マラソンツアーはJTB!!

JTBはマラソンランナーを応援しています!!

URLhttp://www.jtb.co.jp/sports/ 

 

<2011年11月>

 

ロンドンといえばビートルズにかかわる観光スポットは欠かせません。

数々の名曲を世に残したイギリス・リヴァプール出身のロックバンド、ビートルズ。

だれでもお気に入りの1曲があるのではないでしょうか。

 

ビートルズの数々の名曲が録音された、ロンドン郊外セント・ジョーンズ・ウッドにある

「アビー・ロード・スタジオ」住所:3 Abbey Road, London NW8 9AY

スタジオのすぐ前には、アルバム「アビイ・ロード」の撮影が行われた、世界一有名な横断歩道には、観光客が後を絶ちません。

 

また最寄の地下鉄セント・ジョーンズ・ウッド駅に隣接するビートルズ・コーヒーショップでは、数々のビートルズグッズが購入できます。お土産にいかがでしょうか。

 

 

また現在JTBではリバプールで行われる『ポール・マッカートニー・コンサート「On The Run」応援ツアー』の参加者を募集中です。

 

オフィシャル ポール・マッカートニー・コンサート「On The Run」応援ツアー

ツアー期間:20111218日(日)〜22日(木)

*アリーナ5列目以内を確保!!

 

ポールが「On The Run」ツアーを締めくくる、リバプール公演(1220日)、そしてマンチェスター公演(1219日)を観るツアーが決定した。座席はアリーナ前方、サウンドチェックも観られる。ツアーの期間は1218日(日)から22日(木)まで。

↓↓↓パンフレットのダウンロードはこちら↓↓↓

https://www.jtbbwt.com/contents/docs/ontherun.pdf

 

<<資料請求、および問い合わせ>>

ポール・マッカートニー・コンサート「On The Run」応援ツアー係

TEL:0359098117、もしくはFAX:03(5909)8145で受付。 

なお、両公演のチケットは当日中に完売した。

 

<2011年11月>

 

ロンドン・ウエストエンドは、数々のオリジナルミュージカルを世に送り出しているミュージカルのメッカです。

『オペラ座の怪人』『レ・ミゼラブル』『ビリー・エリオット・ザ・ミュージカル』…、いずれもロンドン発の名作です。

 

ロンドンミュージカルの代表作といえば、『オペラ座の怪人』です。作曲は巨匠アンドリュー・ロイド=ウェバー。オペラ座の怪人のほかにも『エビータ』『キャッツ』『ジーザス・クライスト・スーパースター』など、ミュージカル作曲を手がけヒット作を生み出しています。

 

 

opreaimage002.jpg

Opera de parisイメージ

 

 

『オペラ座の怪人』は今年初演から25周年を迎え、2011101日、2日にロイヤルアルバートホールにて記念公演が上演されました。そしてその公演が、現在映画館で上演されています。クリスティーヌ役の美しいシエラ・ボーゲスの歌声は、本当に感動的です。

内容は言えませんが、カーテンコールはとても感動的です。また長い長いエンドロールより、この公演とフィルムの作成に関わったスタッフの多さにしみじみと感嘆します。

映画館での鑑賞もいいですが、やはりミュージカルはライブは最高です。ひとの生きるエネルギーと情熱がオーディエンスを圧倒します。

 

 

『オペラ座の怪人』ストーリー

19世紀中頃のパリ・オペラ座、"オペラ座の怪人"の仕業とされる奇怪な事件が人びとに恐怖をあたえていた。醜く歪んだ顔を仮面に隠し、オペラ座の地下に住んでいた怪人は、コーラスガールのクリスティーヌに心を寄せる。夜ごとクリスティーヌに歌を教える怪人。彼女をプリマドンナに仕立て上げ、自分の音楽を歌わせたいとの願いからだった。だがクリスティーヌは、再会した幼なじみのラウル子爵と愛し合うようになり、怪人は嫉妬に狂う。そして…。

 

オリンピック時期は込み合うかもしれませんが、ロンドンでのミュージカル鑑賞はおすすめです。

 

<2011年11月>

 

 

 

企業・団体様はこちら スポーツのプロがお応えします!

メモリアルページ 過去のツアー・大会の様子はこちら!

JOC公式旅行代理店

JTBスポーツ メルマガ会員登録

お問い合わせ・資料請求

2013年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31