【12U 侍ジャパン日記】8日目 天王山の韓国戦 第四戦

8日目の朝、また、路上は濡れ、雨模様。

また、今日も雨の中での試合かと思い気持ちで空を見上げました。

今日は第三試合目で13時からです。

アップ時間も含め、2時間前に球場入りです。

昼食は、試合後(予想は3時以降)となる為、遅めの朝食となりました。

8日目 12U海外遠征 004.JPG  8日目 12U海外遠征 005.JPG

朝食会場での選手たちの表情は、皆すっきりした様子。

いろいろ聞いてみると、10時間、12時間以上睡眠を取ったという選手が殆どでした。

やっぱり合宿~遠征も8日目になり大なり小なり疲労感はあるものの選手の順応性に関心しました。

「スッキリしていますが、まだまだ眠れますよ。」という選手もいました。

やっぱりこの年くらいだと、いつまでも眠れるんですね。

我々も近くのスーパーで買い出しをしてゲームに備えます。

ホテル出発は10時50分。その時には、外は徐々に青空に変っていました。

路面も乾いており、非常に暑くなる雰囲気でしたので、普段より多めにスポーツドリンクも用意しました。

8日目 12U海外遠征 011.JPG  8日目 12U海外遠征 014.JPG

毎日、歩いて球場入りする姿も、あと2日しか見ることが出来なくなりますが、

路上で品物を販売しているフィリピンのおばさんにも声を掛けれらるようになりました。

本日は、ビジターで一塁側。

荷物を取り急ぎ、所定の場所に置いた後、ライト側のホームランフェンス後ろのゾーンでアップです。

アップメニューをこなす姿も様になってきました。

8日目 12U海外遠征 021.JPG  8日目 12U海外遠征 026.JPG

最初は戸惑っていた12U選手も、何をすべきなのか、理解してメニューを消化していきます。

8日目 12U海外遠征 031.JPG  8日目 12U海外遠征 039.JPG

水分補給も慣れてきて、随時、各選手行います。

8日目 12U海外遠征 050.JPG 

体と心に余裕を持って、全員アップを終え、前の試合の様子や反対側でアップする韓国チームを見ながらリラックスモードです。(変な緊張感もなく落ち着いていていい感じでした)

8日目 12U海外遠征 056.JPG  8日目 12U海外遠征 047.JPG

さぁ、ベンチ入り。

その頃には、太陽の強い日差しが球場全体に注いでいました。

8日目 12U海外遠征 071.JPG  8日目 12U海外遠征 075.JPG

第四戦目は強豪の韓国戦。

誰しも口には出しませんが、韓国チームに勝利し、全勝の台湾と翌日戦いたいと、静かな闘志を感じます。

8日目 12U海外遠征 079.JPG  8日目 12U海外遠征 084.JPG

日本からの応援団や地元の駐在の日本人の方々も試合前の選手たちをあたたかく見守ります。

8日目 12U海外遠征 082.JPG

日本・韓国戦プレーボール!

8日目 12U海外遠征 088.JPG  8日目 12U海外遠征 091.JPG

日本は先攻、早く先取点が欲しいと思い気持ちを抑えながら、冷静にゲームを進めます。

逆に、冷静さに掛けた韓国チームはチグハグな攻撃と守り。

日本・韓国両者とも残塁もありましたが、序盤から積極的に攻撃を仕掛けた打撃陣、そして冷静な守備で流れを作っていきます。

そして、試合に出ていないメンバーの応援とチームメートへの心配り。 

ラストゲームを前に『チーム』としてようやく形になってきた感じがします。

8日目 12U海外遠征 093.JPG  8日目 12U海外遠征 101.JPG

ピッチャー4番の方伊儀君は、細身の体ですが、静かな闘志を内に秘める選手。

8日目 12U海外遠征 092.JPG

キャッチャー8番の嘉手苅君の好リードもあり、最終回までを無失点に抑えてくれました。

途中、数回にわたり、審判の判定を巡り、相手チームよりタイムがかかり、

試合が中断しましたが、気持ちを強く持って投げ切ってくれました。

結果は、3対0の完封勝ち!

試合後、「ナイスピッチング!」「ナイスゲーム!」と声を掛けると、

ハニカミながら笑顔を見せてくれました。

攻撃陣も、そして控えの選手も、声が常に出て、仲間を励ましていた姿にもチーム一体感を感じました。

いつも試合後はバタバタしますが、今日は第三試合のため次の試合はありません。

ゆっくりとクールダウンを行いました。

クールダウン後、バナナと栄養補給ゼリー飲料等で、エネルギー補給を行いました。

8日目 12U海外遠征 007.JPG  8日目 12U海外遠征 078.JPG

バナナはクーラーBOXにて冷やしておくと、常温より美味しく、12U選手はよく食べてくれました。

8日目 12U海外遠征 117.JPG  8日目 12U海外遠征 118.JPG

試合後のミーティングでは、仁志監督・コーチ陣より、「ナイスゲーム!」と試合を称えましたが、

仁志監督より、戒めの言葉もありました。

8日目 12U海外遠征 126.JPG

●相手の打球が飛んだ際の、声かけが曖昧である場面もあったので、ボールが飛んできた際の

対処をスムーズに行う為に、周りのことを常に状況判断しておくとプレーに支障をきたすことが少なくなる。

●互いに声を掛けあったつもりでも相手に伝わっていなければ、意味はない。

コミュニケーションとはそういうもので、しっかり声やジェスチャーすると伝わりやすいし、

周りの選手もしっかり声を出し、指示サポートするとミスは少なくなる。

バッティングについては、

●ストライクは3つしかない。その1つも無駄にしない。ボールが先行している時は、

ストライクを取りに来るボールを狙わないといけない。

ストライクゾーンが広く感じるかもしれないが、国際大会にはよくあること。

いろいろ判定については起こるし、審判もいろいろな人がいる中、惑わされないこと。

自分の中ではボールと判断しても、審判の判定が全てなので、打ちに行かないといけない場合もある。

ファールで粘るという言葉はあるが、結果的に粘っているだけで、やれと言われてやれるものでもない。

ファーストストライク大切にしていこう!

●ファーストボール見逃す傾向もあるが、自分から積極的に仕掛けることも重要。

最後に、「明日は最終戦。引き締めて行こう!」と話がありました。

ミーティング後は、遅い昼食。サプリメント、プロティンでも栄養補給を行います。

ランドリーも今回が最後の回収。明日は日曜日に当るので、ホームユニフォームは

洗濯できませんが、毎回手仕分けで、選手には受け渡ししています。

8日目 12U海外遠征 132.JPG

夕食は、19時。各選手の動きが遅いなと感じましたが、夕方まで夕寝をしていたようです。

食事が始まる頃には、いつもの元気さを取り戻していました。

インタビューを受ける姿も慣れたもんです。

8日目 12U海外遠征 141.JPG

明日は、頂上決戦。

対戦するチャイニーズタイペイはすごく強そうに見えます、しかし同じ世代に変わりはありません。

どんな展開になろうと、最後まであきらめずにボールを追って、全力でベースを駆け抜け頂点に立って欲しいと思います。

そして、明日のゲームがこのSAMURAI JAPAN 12Uのこのチームメイトと一緒に試合ができるラストゲームになります。

私は各選手が悔いの無い様にプレーしてくれることを願っています。

そして、その結果が一番いい色のメダルを手にできたら、とてもうれしく感じます。

12U選手は全員リラックスしており、全くプレッシャーも感じていなく見えますが、

(私には想像もつかないプレッシャーと戦っているのかもしれませんね)

明日のプレーに期待したいと思います。

遠い日本でブログをご覧いただいている皆様も、

現地にお見え頂いている皆様も、いよいよ『ラストゲーム』です。

目の前に初めての『V』が見えています。"ジュニア侍"に大きな声援をよろしくお願いします。

8日目 12U海外遠征 022.JPG  8日目 12U海外遠征 104.JPG

企業・団体様はこちら スポーツのプロがお応えします!

メモリアルページ 過去のツアー・大会の様子はこちら!

JOC公式旅行代理店

JTBスポーツ メルマガ会員登録

お問い合わせ・資料請求

2014年9月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30