"野球"の最近のブログ記事

東南アジア遠征もいよいよあと2日。

長いようで短かったこの遠征で、たくさんの友達が"野球"を通じて出来たことと思います。

その仲間とのラストプラクティス&ゲーム・・・・。

午前中は、ピッチングやキャッチング等細かい部分の技術指導を行い、それぞれが、必死に英語を使ってレクチャーをしました。

20141228_105015①.jpg

20141228_111240②.jpg

午後1時30分、いよいよ最後の交流戦『日本対シンガポール戦』が開始されました。

堀内会長、武井理事長の始球式によってスタート、試合は序盤から日本チームのホームラン攻勢に圧倒されてしまい、大差での試合となりました。

しかし、どの選手も全力プレーで最後まであきらめない姿勢は本当に素晴らしいと思いました。

20141228_142808③.jpg

20141228_163718④.jpg

ゲーム後も名残惜しそうにお互いの野球道具を交換したり、連絡先を交換する選手もいて一生の仲間ができた!!ことでしょう。

野球をやる限り、この気持ちを絶対に忘れないようにしてほしいと思います。

【12月29日】

一夜明け、いよいよ帰国日になりました。

今日は、シンガポールの名所の観光と夕方にはシンガポール日本人会のパーティに参加して、帰国となります。

視察したのは、戦争記念碑、マーライオン、セントーサ島などなどです。

20141229_093234⑤.jpg

20141229_095859⑥.jpg

いよいよこの遠征最後の行事、現地の皆さまとのさよならパーティに参加します。

あと少しです。。なんか寂しくなってきますね。

シンガポール二日目。

前日の雨予想を覆す関係者の想いか、雨が上がりいよいよ合同練習がスタートしました。

朝のミーティングでは、バックネット裏に張られた練習メニューを見て驚きの声を上げる選手も・・・・・・。

アップ、キャッチボール、トス、中継プレー、スローイング競争、シートノック、ゲームノック、バッティング

などなど・・・、日本と同じ練習メニューがしっかりと用意されていました。

20141227_093041①.jpg20141227_135621②.jpg

出来たばかりの室内練習場でトレーナーの指導の下、ストレッチからスタートです。

今日の練習は、昨日作ったバディの選手と行動を共にし、練習の間もすべて英語を使ってコミュニケーション

しています。

20141227_135621③.jpg

地元の中学生も練習に参加、日本の選手たちがひとつひとつ丁寧に指導していきます。

みるみるうちに投げ方も上達していってます。

20141227_135821④.jpg

日本チームのコーチ直伝のバッティング指導も行われ、いろいろなことに気付いているシンガポールの選手

たちもいました。

『頭はしっかりとまっすぐピッチャーに・・・・』玉木コーチ談

20141227_135821⑤.jpg

お互いに野球のことなので本当に真剣ですね。

20141227_135806⑥.jpg

夕方、雷が鳴り始めたところで練習終了になりました。

明日も合同練習&交流試合が予定されています。日本チームの選手も調子が上がってきました。

今回の遠征で野球を行うのも明日が最後になります。

精一杯、海外遠征を楽しみつつたくさんの気づきを得てほしいと思います。

明日も、雨が降りませんように・・・・・・・。

一夜明け、今日はシンガポールへの移動日です。

昨日までお世話になったミャンマー野球関係の皆さま本当に素晴らしい交流をして頂き

有難うございました。

みんな多少の疲れはあるものの全員元気にミャンマーを出発しました。

20141226①.jpg

機材の到着遅れなどで予定より約1時間の遅れで雨のシンガポールへ到着、早速ジャパン

クリエイティブセンターにて大使の方々とお会いし、様々なお話を伺いました。

この時期は、雨期にあたるため朝からずっと今日は雨模様だったようです。

20141226②.jpg

その後、シンガポール野球連盟の方々との交流会に参加。

シンガポール滞在中の自分のバディフレンドを紹介され緊張した様子で英語を使って

自己紹介を行いました。

シンガポールの選手たちも明日からの合同練習を楽しみにしている様子がよく分かり

ます。

先日のフィリピンでの12Uアジア選手権で会った連盟の方々と再会しました。

『こないだは大差でやられたけど今度は勝つよ・・・・』って言われ、こちらも明日に

向けて万全の体調で望む意気込みです。

写真は、日本チームとシンガポールチームの主砲対決の前の記念撮影です。

20141226③.jpg

20141226④.jpg

交流会中は、みんな必死に"英語"を使って野球談議に花を咲かせていました。

野球に国境はないということが改めて分かりました。

そして会の最後は、シンガポール連盟の内田さんの誕生日をみんなでお祝いしました。

HAPPY BIRTHDAY~内田さん!!

20141226⑤.jpg

明日、天気が良くなってグランドでいい交流ができますように・・・・・・・・。

ミャンマー4日目。

今日は、世界中がクリスマスです。ここミャンマーでもクリスマス

ムード一色になりすごく華やかな雰囲気に包まれています。

選手も成田からの疲れもあるので今日の午前中はオフになりゆっくり

と体調調整に努めています。

海外でのクリスマスもいいですね。

20141225①.jpg

昼ご飯をホテルで食べた後、いよいよ交流戦第2戦に出発しました。

気温はすでに30度を超え、選手たちはかなりの暑さを感じている

様子でした。少しでも体力を消耗しないようにぎりぎりまでベンチ

ところで体を休め14時ちょうどにプレイボールとなりました。

試合前には、始球打ちをミャンマーの副大臣がお越しになられピッチャー

勝俣君の速球を打ち返していました。

20141225③.jpg

20141225④.jpg

試合の方は、昨日に引き続き日本が終始優位に試合を進めて

第2戦目も日本チームが勝利してミャンマーとの交流試合を

終えました。

20141225⑤.jpg

試合後、全選手による記念撮影を行い2020年の東京で開催

されるオリンピックで野球競技が復活しそこで再び対戦できる

事を願って交流戦は幕を閉じました。

ミャンマー野球連盟のみなさん、試合や交流の準備等本当に

ありがとうございました。

いよいよ、明日はシンガポールへ移動です。

遠征も3日目になりました。

いよいよ交流試合の日がやってきました。ヤンゴンの朝は、気温17度くらいでちょっと

肌寒く感じますが、9時くらいになると25度、お昼には32度位になり真冬の日本から

きたメンバーには少し体調管理に苦労しそうな気温です。

20141224①.jpg

午前中は、昨日に引き続き合同練習で守備とバッティング練習を行い、特に守備練習では

監督からミャンマーの選手投内連係などの細かい動きのレクチャーが入っていました。

今回のミャンマー野球連盟への支援物資の一部をお見せしたい思います。

20141224②.jpg

午後2時、いよいよ交流戦が試合開始になりました。

20141224③.jpg

試合の内容については、さすが東京選抜という動きで着実に点を積み重ね最終的には、

19対0という結果に終わりました。

大差の試合ではありましたが、両チームともに最後まで必死にボールを追い続ける姿勢

には、野球の原点を見たような気がします。両チームの皆さんお疲れ様でした。

20141224④.jpg

試合後には、ウエルカムレセプションがありさらに両チームの選手は交流を深めました。

言葉や文化、生活習慣がたとえ違っていても『野球』という共通の言語を通じて非常に

素晴らしいコミュニケーションが図れているように思えました。

やはり、野球の力はすごいですね。

20141224⑤.jpg

明日も交流戦第2戦が行われます。ミャンマーでの野球交流を満喫してほしいと思います。

みなさん、こんにちは。

侍ジャパンブログからしばらくが経ちました。日本は真冬で野球シーズンもオフになっておりますが

今回は、東京の高校生(18U)の世代の方々が野球普及の遠征に出かけるとのことで、一緒に帯同させて

いただいております。可能な限り、今回の遠征地であるミャンマーとシンガポールの野球事情を少しでも

ご報告させていただきたいと思います。

昨日、12月22日に一行は成田空港より一路ミャンマー(ビルマ)へと旅立ちました。

20141223053524.jpg

約8時間のフライトにもめげずに無事ミャンマーに到着し、さっそく夕食に舌鼓・・・・。

やはり食事がみんな大好きです。明日からの活動の話でみんな盛り上がってます。

20141222_200010.jpg

食後、ホテルに戻ってチームミーティングです。

監督・コーチの話に真剣なまなざしでメモを取っています。

いよいよ明日からミャンマーの選手ととも活動開始です。

20141222_212613.jpg

そして、二日目が無事スタートしました。

午前中は、ヤンゴンの野球場の整備から始まります。

両国の選手が協力し合いながらグランド整備とグランドつくりを行います。

20141223_093115.jpg

約3時間の整備で見違えるようなグランドへと変わりました。

グランドに魂が吹き込まれた感じです。

早速、整備されたグランドで軽く練習を行いました。

20141223_122400.jpg

なんとなく今まで使っていたグランドを自分たちで作るということを終えた

選手たちは日頃、日本で使っているグランド野球環境への感謝を口々に表し

ていました。

午後には、大使館に訪問して明日からの交流試合を全力で戦うことを約束し

ていました。

20141223_152125.jpg

10日目の早朝、

決勝戦から、一夜明けて、マニラの空港へ向かいます。

昨夜は、悔しくて眠れなかった選手もいたようですが、

"もっと練習して強くなって帰ってくる"

という強い気持ちが芽生えたようでした。

マニラ空港での搭乗手続きでは、チーム荷物も行きと同じように選手で分担し運びます。

004.JPG  007.JPG

010.JPG  014.JPG

出国検査後、成田行きの航空機に搭乗し、

機内では、思い思いに過ごしました。

日本にはない暑さ、食事、現地の人や街並み・・・・・いろいろな体験をすることができました。

この日本との違いをきちんと受け入れ、それに順応して活動できなければこれからも強くはなれないということを実感しました。

031.JPG  028.JPG

定刻通り無事日本へ帰国し、到着ロビーにて多くの方の出迎えも受け、解団式を行いました。

035.JPG

041.JPG  048.JPG

仁志監督より、12Uの解団宣言があり、選手には、最後の言葉が送られました。

このメンバーで、プレーできるのは、今回が最後ですが、

野球を通じて、精進すれば、また、15Uで会えるかもしれないという思いを胸に、

選手どおし、再会を約束する姿、とても微笑ましく感じました。

そして、今日でこのブログも終了します。

ブログアップが遅かったり、ご期待に添えるものではなかったかもしれませんが、

最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

これからも多くの国々で、野球が、発展していくことを願い、末筆ですが、ブログを閉じます。

いつの日にか侍ジャパンが全世代で世界一になる日を夢見て・・・・・・。

9日目の朝、全勝の日本と台湾との直接対決!頂上決戦の日です。

健やかに晴れ渡った青空が広がっていました。

12U選手の朝からの表情も明るく、元気に朝食を食べました。

9日目 12U海外遠征 006.JPG  9日目 12U海外遠征 011.JPG

12U選手たちは人気者で、ホテルのレストランでは、一緒に写真が撮りたい

従業員(ウェイトレス)の皆さんや、ロビーでは大会のTシャツに選手のサインを求める人なども現れ、

今日が、SAMURAI JAPANの最終戦なのだと実感させられました。

12U選手たちは皆明るく、元気でプレッシャーなど感じる風でもなく、野球場へ向かいました。

9日目 12U海外遠征 018.JPG  9日目 12U海外遠征 022.JPG

この道のりも、今日が最後と思うと、感慨深くなりますね。

野球場入口の露店のおばさんも「今日も頑張れ!」と声を掛けてくれ、

通行する車を止めて、交通整理もしてくれました。

最後の戦い、決勝戦の準備です。

アップメニューも軽やかに行い、リズム感も出てきています。

9日目 12U海外遠征 024.JPG  9日目 12U海外遠征 026.JPG

今日は、炎天下の暑さが久しぶりに戻ってきました。

雨ではないので良かったと思いつつも、湿度も高いので非常に蒸し暑く感じます。

第二試合が行われる中、レフト側ホームランゾーンで、仁志監督が自らが、

バットを持ってのシートノックも行われました。

9日目 12U海外遠征 049.JPG  9日目 12U海外遠征 050.JPG

水分補給もいつもより早めに、こまめに行われました。

しかし、ジャグタンクのスポーツドリンクもすぐに空っぽになるぐらいの消費量!

9日目 12U海外遠征 033.JPG

それだけ、今日は蒸し暑いのですが、中には軽い熱中症の症状を訴える選手も出始め、

急遽、かち割氷(氷のう??)を作り、配って体の熱を少しでも軽減する措置も取りました。

9日目 12U海外遠征 063.JPG  9日目 12U海外遠征 067.JPG

第二試合も白熱したゲームで予定よりも時間が押し気味で試合が進行したおかげで、

第三試合、いわゆる今大会の最後の試合の日本と台湾戦はシートノックなく、試合開始になりました。

相手の練習の際、真剣な眼差しでグランドを見つめる姿も見られました。

9日目 12U海外遠征 071.JPG  9日目 12U海外遠征 072.JPG

日本の大応援団も、最終戦。力が入ります。

9日目 12U海外遠征 102.JPG

日本は後攻、初回の台湾を抑え好スタートを切りましたが、

その後の回に、台湾に先制され、一時は3-0とされました。

SAMURAI JAPANは、2本のホームランなどで同点に追いつき、一気にベンチのムードが上がりました。

9日目 12U海外遠征 077.JPG  9日目 12U海外遠征 093.JPG

9日目 12U海外遠征 091.JPG  9日目 12U海外遠征 112.JPG

しかし、徐々に台湾の選手は地力を発揮し、U12の選手より一回り大きくパワーもある為、引き離され、

最終的には、7-3という結果で、残念ながら敗北しました。

試合途中で、判定が微妙な場面もありましたが、

国際試合では良くあることで、審判の決定事項は絶対です。

9日目 12U海外遠征 121.JPG  9日目 12U海外遠征 127.JPG

敗北という結果に、涙した選手もいますが、次のステップアップに向けて、飛躍してくれることと思います。

両チームの試合が決し(全日程が終了した後)、閉会式となり、6チームが揃いました。

9日目 12U海外遠征 125.JPG  9日目 12U海外遠征 142.JPG

首位打者や、ベスト・ピッチング賞、打点王など個人に贈られるタイトルの受賞も行われ、

SAMURAI JAPANの12Uの選手からも表彰を受けました。

チームとしての成績は、"準優勝"でしたが、

8月23日の国内合宿から始まり、SAMURAI JAPANとしてのチームが編成され、

10日間という少ない日程の中で、これだけの成績を残せたのは、

選手自身の能力は勿論、首脳陣やそれをサポートするスタッフの"結束力"を感じます。

9日目 12U海外遠征 157.JPG

そして、勿論、暑かったり、涼しかったり、時には大雨の中、連日、

応援に駆け付けてくださった方々の熱い応援にも本当に感謝いたします。

閉会式では、各国入り乱れての記念撮影会にもなりました。

閉会式終了後、スタンドで見守って頂いていた、選手の家族や応援に来られていた方々に声を掛け、

グランドに降りて来て頂き、我が子との撮影会となりました。

選手全員の家族が応援に来られている訳ではありませんが、仁志監督の意向で、

触れ合いも大切!思い出も作って欲しいとの考慮から実現しました。

今日は、昼食が中途半端な為、バナナと補助食で試合後の体をケアー。

9日目 12U海外遠征 159.JPG  9日目 12U海外遠征 163.JPG 

前日の韓国戦では、写真撮影すら行わなかった韓国チームの首脳陣も、一夜明け、

親密的に接してこられ、監督やコーチとの記念撮影も行いました。

今回、12Uを率いた仁志監督は非常に人気があり、

そして本当に親切にチーム以外の皆さんにも接して頂ける監督でした。

12U選手も、いつも「監督、監督」と親しみを持って接していました。

今回、SAMURAI JAPANが持ち込んだボールもフィリピン軟式野球が、さらに強くなるための道具の一部、

軟式野球の振興の為に、フィリピン連盟に寄贈しました。

9日目 12U海外遠征 166.JPG

ホテルへ戻り、最後のミーティングです。

9日目 12U海外遠征 180.JPG

コーチ陣よりの言葉は、

「U12のJAPAN TEAMの中で、悔しい思いをしたのは君たちだけで、この貴重な経験を、忘れずにして欲しい。」

「自分たちの所属チームに戻っても忘れず、これからも自分自身を切磋琢磨して欲しい。」

「審判の判定については、悔しさが残っているかもしれないが、困難を乗り越えて勝とうとする強さが必要。」

「コーチ自身も、このチームで学んだことはたくさんあり、そして君たちと一緒にいられたことは、とても幸せでした。」

「明日から、野球ができないのが寂しくなるが、また会えることを期待しています。」

と挨拶されました。

仁志監督よりの最後のミーティングの言葉は、

「悔しいが負けは負け。惜しい負け方はなく、負けたらそれ以上のことはない。」

「大きな選手は世界にはゴロゴロ存在する。彼らに負けない体づくりも大切」

仁志監督は自身の少年野球時代の頃の体験をもとに話され、

「自分は子供の時からプロに行く気持ちで、野球三昧。決して楽しくなく、父親に野球ばかりさせられていた。」

小さな体だった仁志監督は、

「体を鍛えて、練習を重ね、目標を立てて頑張った結果、体の大きさは関係がなく、小さな体でもやっていける」

という自信がついた。

「JAPANのユニフォームを着て、ここまでやってきた君たちは、漸くスタートラインに立つことが出来た。」

「このユニフォームを着たからと言って自惚れてしまうと、成長はそこで、STOPしてしまう。」

「これからはもっと自身の行動に注意すること。一度、JAPAN代表に選ばれると、代表チームにいたのに何もやれない」と言われてしまう。これから、さらにいろいろと克服していかないといけない部分も多く出てくる。

「地元に帰ると、チヤホヤされるかもしれない。準優勝!個人タイトル。しかし、それらの評価は、半分は謙虚に受け止め、半分だけ喜ぶと良い結果につながるよ。」

「いつも目標を立ててやっていく。生活態度もあらためる。」

「いつも誰かが助けてくれるとは限らない。守備に付いている時も、打球が飛んできた時、も最後は自分で判断しないといけない。打席に入っていても同じことがいえる。」

「結果に悔いが残ることは、良くない。」だから、練習をする。

「君たち15人が家に帰っても、俺は遠くにいる自分の子供だと思っています。君たちの将来は無限です。君たちは、今後も野球をやってくれるかどうかはわかりませんが、自分は野球人として、これからもプロ野球の世界に携わっていきます。」

「野球で頑張る選手は努力して、俺の目に入るところに戻ってきてほしい。」

そして、近い目標としては、15Uに選出され、また、JAPANのユニフォームに袖を通す機会を与えてもらえるようにすること。

「15人の貴重な友人たちの連絡先を聞いたり、思い出話をしたりすることはとても大切なこと。」

そして、何よりもこの思い出は一生の思い出なので、決して忘れる事がないようにと話された。

ミーティング後は、選手どおしの連絡先交換や、仁志監督やコーチ陣にサインを求める姿を見ることが出来ました。

選手間では、シャツに思い思いの胸の思いを記載してみたり、名前を記載したりし、思い出の品づくりをしていました。

フィリピン最後の夕食は、日本食のすき焼きパーティーです。久々の日本食に選手たちは大喜び!

9日目 12U海外遠征 210.JPG  9日目 12U海外遠征 215.JPG

そして、食事が落ち着いたところで、今回の大会を終えての感想を語ってもらいました。

思い思いに話す姿は、23日に始めたあった時より、一回り大きくなった気がしました。

多くの選手は、15Uに選出されるように努力を忘れないとの発表が多かったですね。

これからも精進して欲しいです。

同行スタッフも感想を発表しました。

撮影帯同したTVクルーも代表も挨拶し、VTRの量は非常に多く、

例えば、一試合当たり2時間としても4台のカメラで撮影しています。

これで合計8時間となります。そして、試合は5試合あるので、試合VTRだけで、実に40時間にもなります。

総撮影時間は、100時間を超えていて、これを、1時間の特番にするそうです。

特番は、関東周辺でオンエアーが9/12深夜に放送されます。ぜひ、ご覧ください。

食事の時には、バースディ―をこの遠征中に迎える選手にケーキを準備しました。

2名の選手が該当し、二人でロウソクの火を吹き消しました。

ケーキは全員に振る舞われ、私は久々に甘いものを口にしました。

夕食後は、仁志監督やコーチ陣に群がる選手たちの姿があり、

代表選手だった子たちが、普通の子供に戻っていました。

また、明日は帰国日です。

荷作りもきちんとしなければなりません。

その荷物確認作業もしました。きちんと蓋が閉まらないスーツケースもあり、

知らない間に荷物も増えて大変な選手もいました・・・・・・・。

たくさんの思い出とともに明日、元気に胸を張って日本に帰りましょう!!

8日目の朝、また、路上は濡れ、雨模様。

また、今日も雨の中での試合かと思い気持ちで空を見上げました。

今日は第三試合目で13時からです。

アップ時間も含め、2時間前に球場入りです。

昼食は、試合後(予想は3時以降)となる為、遅めの朝食となりました。

8日目 12U海外遠征 004.JPG  8日目 12U海外遠征 005.JPG

朝食会場での選手たちの表情は、皆すっきりした様子。

いろいろ聞いてみると、10時間、12時間以上睡眠を取ったという選手が殆どでした。

やっぱり合宿~遠征も8日目になり大なり小なり疲労感はあるものの選手の順応性に関心しました。

「スッキリしていますが、まだまだ眠れますよ。」という選手もいました。

やっぱりこの年くらいだと、いつまでも眠れるんですね。

我々も近くのスーパーで買い出しをしてゲームに備えます。

ホテル出発は10時50分。その時には、外は徐々に青空に変っていました。

路面も乾いており、非常に暑くなる雰囲気でしたので、普段より多めにスポーツドリンクも用意しました。

8日目 12U海外遠征 011.JPG  8日目 12U海外遠征 014.JPG

毎日、歩いて球場入りする姿も、あと2日しか見ることが出来なくなりますが、

路上で品物を販売しているフィリピンのおばさんにも声を掛けれらるようになりました。

本日は、ビジターで一塁側。

荷物を取り急ぎ、所定の場所に置いた後、ライト側のホームランフェンス後ろのゾーンでアップです。

アップメニューをこなす姿も様になってきました。

8日目 12U海外遠征 021.JPG  8日目 12U海外遠征 026.JPG

最初は戸惑っていた12U選手も、何をすべきなのか、理解してメニューを消化していきます。

8日目 12U海外遠征 031.JPG  8日目 12U海外遠征 039.JPG

水分補給も慣れてきて、随時、各選手行います。

8日目 12U海外遠征 050.JPG 

体と心に余裕を持って、全員アップを終え、前の試合の様子や反対側でアップする韓国チームを見ながらリラックスモードです。(変な緊張感もなく落ち着いていていい感じでした)

8日目 12U海外遠征 056.JPG  8日目 12U海外遠征 047.JPG

さぁ、ベンチ入り。

その頃には、太陽の強い日差しが球場全体に注いでいました。

8日目 12U海外遠征 071.JPG  8日目 12U海外遠征 075.JPG

第四戦目は強豪の韓国戦。

誰しも口には出しませんが、韓国チームに勝利し、全勝の台湾と翌日戦いたいと、静かな闘志を感じます。

8日目 12U海外遠征 079.JPG  8日目 12U海外遠征 084.JPG

日本からの応援団や地元の駐在の日本人の方々も試合前の選手たちをあたたかく見守ります。

8日目 12U海外遠征 082.JPG

日本・韓国戦プレーボール!

8日目 12U海外遠征 088.JPG  8日目 12U海外遠征 091.JPG

日本は先攻、早く先取点が欲しいと思い気持ちを抑えながら、冷静にゲームを進めます。

逆に、冷静さに掛けた韓国チームはチグハグな攻撃と守り。

日本・韓国両者とも残塁もありましたが、序盤から積極的に攻撃を仕掛けた打撃陣、そして冷静な守備で流れを作っていきます。

そして、試合に出ていないメンバーの応援とチームメートへの心配り。 

ラストゲームを前に『チーム』としてようやく形になってきた感じがします。

8日目 12U海外遠征 093.JPG  8日目 12U海外遠征 101.JPG

ピッチャー4番の方伊儀君は、細身の体ですが、静かな闘志を内に秘める選手。

8日目 12U海外遠征 092.JPG

キャッチャー8番の嘉手苅君の好リードもあり、最終回までを無失点に抑えてくれました。

途中、数回にわたり、審判の判定を巡り、相手チームよりタイムがかかり、

試合が中断しましたが、気持ちを強く持って投げ切ってくれました。

結果は、3対0の完封勝ち!

試合後、「ナイスピッチング!」「ナイスゲーム!」と声を掛けると、

ハニカミながら笑顔を見せてくれました。

攻撃陣も、そして控えの選手も、声が常に出て、仲間を励ましていた姿にもチーム一体感を感じました。

いつも試合後はバタバタしますが、今日は第三試合のため次の試合はありません。

ゆっくりとクールダウンを行いました。

クールダウン後、バナナと栄養補給ゼリー飲料等で、エネルギー補給を行いました。

8日目 12U海外遠征 007.JPG  8日目 12U海外遠征 078.JPG

バナナはクーラーBOXにて冷やしておくと、常温より美味しく、12U選手はよく食べてくれました。

8日目 12U海外遠征 117.JPG  8日目 12U海外遠征 118.JPG

試合後のミーティングでは、仁志監督・コーチ陣より、「ナイスゲーム!」と試合を称えましたが、

仁志監督より、戒めの言葉もありました。

8日目 12U海外遠征 126.JPG

●相手の打球が飛んだ際の、声かけが曖昧である場面もあったので、ボールが飛んできた際の

対処をスムーズに行う為に、周りのことを常に状況判断しておくとプレーに支障をきたすことが少なくなる。

●互いに声を掛けあったつもりでも相手に伝わっていなければ、意味はない。

コミュニケーションとはそういうもので、しっかり声やジェスチャーすると伝わりやすいし、

周りの選手もしっかり声を出し、指示サポートするとミスは少なくなる。

バッティングについては、

●ストライクは3つしかない。その1つも無駄にしない。ボールが先行している時は、

ストライクを取りに来るボールを狙わないといけない。

ストライクゾーンが広く感じるかもしれないが、国際大会にはよくあること。

いろいろ判定については起こるし、審判もいろいろな人がいる中、惑わされないこと。

自分の中ではボールと判断しても、審判の判定が全てなので、打ちに行かないといけない場合もある。

ファールで粘るという言葉はあるが、結果的に粘っているだけで、やれと言われてやれるものでもない。

ファーストストライク大切にしていこう!

●ファーストボール見逃す傾向もあるが、自分から積極的に仕掛けることも重要。

最後に、「明日は最終戦。引き締めて行こう!」と話がありました。

ミーティング後は、遅い昼食。サプリメント、プロティンでも栄養補給を行います。

ランドリーも今回が最後の回収。明日は日曜日に当るので、ホームユニフォームは

洗濯できませんが、毎回手仕分けで、選手には受け渡ししています。

8日目 12U海外遠征 132.JPG

夕食は、19時。各選手の動きが遅いなと感じましたが、夕方まで夕寝をしていたようです。

食事が始まる頃には、いつもの元気さを取り戻していました。

インタビューを受ける姿も慣れたもんです。

8日目 12U海外遠征 141.JPG

明日は、頂上決戦。

対戦するチャイニーズタイペイはすごく強そうに見えます、しかし同じ世代に変わりはありません。

どんな展開になろうと、最後まであきらめずにボールを追って、全力でベースを駆け抜け頂点に立って欲しいと思います。

そして、明日のゲームがこのSAMURAI JAPAN 12Uのこのチームメイトと一緒に試合ができるラストゲームになります。

私は各選手が悔いの無い様にプレーしてくれることを願っています。

そして、その結果が一番いい色のメダルを手にできたら、とてもうれしく感じます。

12U選手は全員リラックスしており、全くプレッシャーも感じていなく見えますが、

(私には想像もつかないプレッシャーと戦っているのかもしれませんね)

明日のプレーに期待したいと思います。

遠い日本でブログをご覧いただいている皆様も、

現地にお見え頂いている皆様も、いよいよ『ラストゲーム』です。

目の前に初めての『V』が見えています。"ジュニア侍"に大きな声援をよろしくお願いします。

8日目 12U海外遠征 022.JPG  8日目 12U海外遠征 104.JPG

7日目、今日もはっきりしない空。8月に入るとフィリピンは雨が多くなります。

フィリピンでは、日本の様な「夏空」ではなく、雨模様の日々が続くため、仕方がないのですが・・・。

せめて試合は晴天のもと、12Uの選手たちにプレーさせてあげたいですね。

本日も選手たちは、チームの荷物を持って元気に今日も球場入りです。

7日目 12U海外遠征 002.JPG  7日目 12U海外遠征 005.JPG

そしてアップとなりますが、本日はアップメニューを簡単ですが紹介しましょう。

まず、ストレッチ運動をし、体の柔軟から始めます。ゆっくり時間をかけ行います。

7日目 12U海外遠征 010.JPG  7日目 12U海外遠征 013.JPG

7日目 12U海外遠征 020.JPG  7日目 12U海外遠征 025.JPG

本日のメニューは、腰を落として歩行(アヒル歩き)を、バック歩き、横歩きと3つ。次に、

クロスオーバーステップ、大股歩き、サイドステップ、半バック走、半ジャンプ走、等、

最後に仁志監督自らが仮想ピッチャーになり、盗塁のフォームを盗むダッシュ走。

約40分ぐらいの時間ですが、スポーツをするうえで、ストレッチが非常に重要です。

アップメニューは、毎回、時間をかけて行います。

7日目 12U海外遠征 029.JPG 

選手がアップメニューを行っている間に、スタッフは、スポーツドリンク作りをします。

ドリンクを冷やすため、氷はビニール袋に入れ、直接、飲み物に触れないよう注意します。

少しでも冷えた飲み物を選手に提供したいという思いで、氷の袋も数回取り替えます。

7日目 12U海外遠征 007.JPG  7日目 12U海外遠征 008.JPG

12Uの選手は、水分補給に余念がありません。

水分は、一気に飲まず、早めに、少しずつ、こまめに、取ることが重要です。

7日目 12U海外遠征 038.JPG  7日目 12U海外遠征 039.JPG

7日目 12U海外遠征 040.JPG  7日目 12U海外遠征 049.JPG

1つのジャグタンクには約17リットル入りますが、

15人の選手でこのタンクを1試合で3~4タンク消費します。

7日目 12U海外遠征 051.JPG  7日目 12U海外遠征 053.JPG

本日は、SAMURAI JAPAN第三戦目、シンガポール戦です。

シンガポールは小さな国、国土面積は東京都か淡路島ぐらいしかありません。

野球場も限られていますから、これからのチームですが、全員一生懸命です。

試合後の話で、「野球の指導者が少ないのが問題だ」ということをシンガポールのコーチが話してくれました。

野球のあまり盛んでない地域で、もっと野球の裾野(すその)拡大も日本が中心となって積極的にやっていくことが大切だなぁと改めて感じました。

試合結果は、4回コールドの41-0快勝でした。

7日目 12U海外遠征 065.JPG  7日目 12U海外遠征 066.JPG

SAMURAI JAPANの投手陣は、今日も4人の投手が少ない球数でシンガポール打線を抑えました。

球数制限のある大会ということは、先のブログでお伝えしました。

ダックアウトでは、スコア-ブックを付けながら、球数チェックに余念がありません。

マウンド上の投手にはわかりやすい様に、バックネット裏のスコア-室より球数表示がされます。

7日目 12U海外遠征 082.JPG

スコア-ボードの表示は、今日は、ファーストネームでの表示です。

スコア-ボードはこちらの球場は電光掲示ではない為、大変です。

日本も一昔前は手動表示でしたが、その頃を思い浮かべてみてください。

ストライク・ボール・アウト表示もされますが、時間差が出てしまう場合もあり、

ベンチ内スコアラーも目が離せなく、大変です。

7日目 12U海外遠征 081.JPG

試合が始まった時には、晴れ間も出ていたのですが、終盤は天候が崩れ、雨の中での試合。

降ったり止んだりの状態の中、選手は元気にプレーしました。

7日目 12U海外遠征 071.JPG  7日目 12U海外遠征 074.JPG

7日目 12U海外遠征 078.JPG  7日目 12U海外遠征 090.JPG

試合後も突然の大雨で、球場の入口で待機せざる得ない事にもなりました。

7日目 12U海外遠征 092.JPG

ホテルへ戻り、すぐに本日の反省を踏まえてのいつものミーティングです。

7日目 12U海外遠征 094.JPG

明日からは、強豪の韓国、日曜日が台湾戦です。

仁志監督からは、

"明日からがいよいよ本番!これまでの3試合のような試合運びにならないことも十分あり得る。"

"今までの3試合では、相手のミスに乗じて得点を重ねただけで、

SAMURAI JAPAN 12Uの本当の実力はどれぐらいあるのか?これから真価が問われる。"

"強豪国相手の試合では、一つ一つのプレーを大事にしないと勝つことはできない。"

"注意深く、すばやく判断を求められることが試合を決することが多い。"

"ゲームに出られない選手もいるかもしれないが、チームワークを忘れずに、必ず、それぞれに役割がある

チーム内でも相手の気持ちを考えて行動して欲しい"

と話され、12Uの選手は真剣な眼差しで仁志監督の話に耳を傾けました。

本日の昼食は、大会より準備されたBOX LUNCHです。

7日目 12U海外遠征 098.JPG

その他に、栄養補助食のサプリメントやゼリーなどで体調管理です。

ランドリーも同時進行で回収しました。

7日目 12U海外遠征 099.JPG

今日は夕方、在フィリピン大使館へ訪問しました。

大使は所用により不在でしたが、2名の書記官がSAMURAI JAPAN 12Uの皆さんを出迎えてくれました。

大使館では、選手全員が自己紹介し、その後、書記官より

"大使館の仕事について"

"フィリピンという国について"

"外国人の野球のやり方(フィリピン野球の取り組み方)"

などの話を分かりやすく説明頂きました。

質疑応答の時間もあり、代表的な質問を何点かご紹介しましょう!

●何となく、建物の中(部屋の中)に臭いがするのはなぜ?

⇒湿気が多い為、そう感じるのかもしれませんね。

●水道水がフィリピンが悪いと言われるのはなぜ?

⇒水自体はきれいなお水。しかし、その水を運ぶインフラ(水道管施設の老朽化)が悪いので、今後の課題です。

●野良犬が多いのはなぜ?

⇒ペットとして飼育する方が多いが、あまり世話をしない(放し飼いする人も多い)のが原因と思われます。

●日本の車が多いのはなぜ?

⇒日本車は故障が少ない為、評判が良い。また、タイ王国(バンコク)にある日本の工場より輸入されていて、フィリピン市場に多くの日本車が走ることになっています。

日本大使館でのお写真は、保安上の理由により記載できません(すみません)。

7日目 12U海外遠征 104.JPG  7日目 12U海外遠征 105.JPG

日本大使館からの帰路、マニラ名物の大渋滞に遭遇、車内の選手たちは、

日本大使館での気遣いもあり、ちょっぴり疲れた様子でした。

でもこういう機会も代表選手ならではですね。

何事も経験です。

その後、夕食はホテルで食べました。また、リラックスした様子もお伝えします。

7日目 12U海外遠征 107.JPG  7日目 12U海外遠征 108.JPG

7日目 12U海外遠征 118.JPG  7日目 12U海外遠征 096.JPG

明日は、韓国戦!気持ちを切り替えて、SAMURAI戦士には奮起してもらいたいと思います。

7日目 12U海外遠征 084.JPG

頑張れ~ニッポン!

企業・団体様はこちら スポーツのプロがお応えします!

メモリアルページ 過去のツアー・大会の様子はこちら!

JOC公式旅行代理店

JTBスポーツ メルマガ会員登録

お問い合わせ・資料請求

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31