サービス
閉じる ✕
  • サービス・ソリューションから探す
  • 課題・目的から探す
閉じる
自治体・行政機関向け
学校・教育機関向け

企業・団体向け 事例 “1時間”で内定者に“響く”オンライン内定式

株式会社マツモトキヨシホールディングス 様

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くの企業が内定式の延期や中止を検討する中で、オンラインでの開催を決定。開催までタイムリミット数週間、内定者への想いが詰まった盛りだくさんのコンテンツを1時間でスケジューリング、通信環境の整備、といった多くの課題を乗り越えて、放映後の会場からは拍手喝采、歓喜の渦を巻き起こしたオンライン内定式をご紹介します。

背景

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、内定式を延期・中止を決定する企業もある中で、開催の有無、開催のかたちについて検討しました。今後一緒に働く仲間である内定者には、まず社風や目指すべき戦略など、会社のことをしっかり理解してもらいたい。「お迎えする」という会社の思いを伝えて、「入社意欲」や「帰属意識」をもってもらいたい、という思いから、 リアルでの実施が難しくても、オンラインという新しいスタイルでの開催に至りました。

課題

1時間といったタイトなスケジュールの中で、「業界における当社グループの位置づけ」、「目指すべき重点戦略」、「戦略実現における各社役割」、「各事業会社の紹介による社風」の理解を促し、内定者に対し「入社意欲」と「帰属意識」の醸成を目指す、といった多くの内容を盛り込むことが大きな課題となりました。また、オンラインでも参加者を飽きさせないような工夫や、通信環境の整備が求められました。

当日のスケジュール
15:30~ 開場(ZOOM)
15:45~ 内定者紹介動画 (YouTube時間限定公開)
15:55~ オリエンテーション (ZOOM)
16:00~ 内定懇親会 第一部 (YouTube時間限定公開)
17:15~ 内定懇親会 第二部 (ZOOM)
実施内容
  • 新型コロナウイルス感染リスク回避のため、各自宅にてタブレット端末を利用したオンデマンド配信形式での開催。
  • 回線の不具合を想定し、事前に希望者にタブレットとWifi端末を貸与することで、通信環境の整備。
  • 視聴後にZOOMのブレイクアウト機能を活用した「オンライン懇親会」の開催。
  • 「社の理解促進」「内定者同士の帰属意識」を醸成する工夫を凝らした配信内容により、参加者を飽きさせない演出。
  • 内定者がリラックスして参加できるよう「ティーセット」を事前にお届け。
導入効果

撮影時の雰囲気作りや進行管理、 出来上がりの映像クオリティの高さなど、内定者を歓迎する思いがいっぱいに詰まった演出に、放映後の会場では拍手が沸き起こりました。参加した内定者からも、「自分たちのためにここまで凝った映像コンテンツを作っていただき感動しました」「会社への理解が深まりました」「入社を検討中でしたが、内定式に参加して入社を決意しました」という声をいただき、リアル開催にも劣らない効果をもたらすことに成功しました。また、事業の柱としていた「デジタル推進」においても、今回オンラインで内定式を開催したという実績は、会社のPRにもつながりました。

おすすめポイント

一緒に働く仲間をお迎えする大切な内定式。内定者に会社のことを理解してもらい、入社意欲、帰属意識を高める貴重な機会でもあります。リアルでの開催が難しい今オンラインという新しいスタイルで開催してみませんか?

担当者コメント
“1時間”で内定者に“響く”オンライン内定式
千葉西支店 國重 亮太郎
千葉西支店 國重 亮太郎

コロナ禍においてオンラインでの内定式実施をご提案したところ、「オンライン内定式に関する他社状況も知りたい」というご依頼を受け、「One JTB」の強みを生かし全国の開催情報を提供させていただきました。マツモトキヨシらしい内容への拘り、撮影から納品まで短期間のスケジュール、日が近くになるにつれ内定者の増減など、超えるべきハードルは多くありましたが、マツモトキヨシご担当皆様の熱意と尽力ならびに関係機関の協力のもと、無事本番を迎えることができました。内定式当日は内定者に交じって参加させていただきましたが、皆様一同に喜んでいただき、今年一番の達成感を感じました。今後とも「ならではの価値」を創造し、「1st for you.」 お客様のいちばんの事業パートナーとなれることを目指してまいります。

本事例のメインソリューション

関連サービス・ソリューション

JTBでは、様々なソリューションを組み合わせることで、それぞれのお客さまにあった課題解決⽅法をご提案いたします。