学校・教育機関向け サービス 中学・高校向け 国内プログラム よしもと NSC東京 特別授業

『よしもと流』にスタッフを育成する「NSC東京 ビジネスコース」が企画・運営する、学校団体向け3つのワークショップをご紹介します。

01テーマは「お笑い」コミュニケーション能力向上ワークショップ

『よしもと流』にスタッフを育成する「NSC東京 ビジネスコース」個々のアイデアを一つにまとめ、番組企画やコーナー企画を組み立てる 『プロの裏方』に欠かせないのは何といっても「コミニュケーション能力」。実際に行われている授業を中高生向けにアレンジして、楽しみながら 自らの意見を発信し、他人の意見を受け入れられる力を育てます。「笑いのプロがプロを育てるノウハウ」を体感してください。

実施スケジュール例

事前学習 (希望により実施)

「アイデアを出すってどういうことだろう?」をテーマに課題シートを作成していただきます。
シートは当日使用します。

自分 対 自分のコミュニケーション

会社説明

よしもとってあんなことや、こんなこともやってます!

ブレストトレーニング

芸人さんの映像を見ながら気づいたことをチーム内に発信します。
そのアイデアをまとめて芸人さんのコンビ名を考えましょう。

自分 対 他人のコミュニケーション

グループワーク

次は自分たちの特徴などを元に自分たちのコンビ名を考えます。
正解も不正解もないので、自由な発想に取り組めます。

プレゼンテーション

他のチームの発表を聞き、新しい気づきを発見します。

自分 対 自分のコミュニケーション

人数により時間は前後致します

02漫才ワークショップ

実際に漫才をつくり人前で披露することを通じて「コミュニケーション力とプレゼン力を豊かにする」体験型プログラムです。

こんな方におすすめです!

  • 人前で、はっきり喋ることが苦手
  • 緊張感を克服して、プレゼン力を高めたい
  • 表情や身振り手振りの豊かな表現力を手に入れたい

プログラム例

012人1組になりコンビをつくります。

02コンビ名を決めます。

03穴あき漫才テキストを配布しますのでそれを見ながら、漫才師のアドバイスを基に2人で3分のネタを作ってもらいます。

04そして、いよいよ発表します!

本番の流れ

オープニング 15分

趣旨説明~コンビづくり

MC 5分

漫才穴埋め第本説明

MC 30分

漫才制作&稽古タイム

ネタ 40分

漫才披露(時間のある限り)

講座シメ 10分

総評

人数により時間は前後致します

03おもしろグッズを考えよう!体験 the 企画会議

プロデューサーを体験しよう。グッズ開発のプロデューサーとなって、グッズの開発企画会議を体験します。自分の意見をだけでなく、他人の意見も受け入れてグッズを作り上げていくことで企画力・コミュニケーション力を向上させます。

本番の流れ

趣旨説明(班分け等) 5分
既存グッズ紹介 5分
グッズの考え方 10分
企画会議 15分
プレゼン・講評(時間ある限り) 20分
総評 5分

人数により時間は前後致します