TOP > ワークショップ

ワークショップ・講演のご案内

2021年のワークショップはオンラインセミナー形式で開催いたします。

2021年ワークショップ一覧 

国⽴研究開発法⼈⽇本原子⼒研究開発機構(JAEA)

テーマ

原子核の「世界地図」をのぞいてみませんか︖
-”核図表”を使いこなすためのワークショップ-

【講師】先端基礎研究センター 先端理論物理研究グループ
研究主幹 小浦 寛之(茨城大学大学院 客員教授)

皆さんは化学の授業などで「元素の周期表」を目にしているかと思いますが、「陽子」と「中性子」からなる原子核は、その組み合わせによって周期表以上にいろいろな種類が存在します。

原子核の最新研究データは世界中の研究機関で共有されています。そして、それらのデータを抽出して並べたものが「核図表」です。

皆さんにも是非、この「核図表」の世界を知っていただきたく、今回のワークショップでは、実際に「核図表を使いこなす」体験を核図表を使った簡単なクイズを交えながら実施します。
例えば、次のようなことを皆さんと一緒に考えてみたいと思っています。

・宇宙で合成されたとされる元素を「周期表」ではなく「核図表」で見ることで、その成り立ちが理解しやすくなります。宇宙誕生のビッグバンにおいて、水素、ヘリウム、リチウムしか作ることができなかった理由や、ウランが地球に存在することの不思議さなどを核図表から視覚的に考えてみましょう。

原子核の性質は私たちの生活に大きな影響を与えています。
私たちが体の内部を調べる際に用いる画像診断装置「ペット(PET)」は、原子核の崩壊事象から出る反粒子を利用したものです。
古代の木造遺構の調査では、遺構に含まれる炭素の原子核崩壊を調べることで、数千年単位にわたって過去を探ることができます。
今回のワークショップを通して、元素の起源についての理解を深めてみませんか?

⽇本大学理工学部

テーマ

人工衛星開発が拓く宇宙利用、そしてその先へ
-私たちはなぜ宇宙をめざすのか-

【コーディネーター】日本大学理工学部長 精密機械工学科 青木義男 教授
日本大学理工学部 一般教育 中村文紀 准教授
【講師】日本大学理工学部 航空宇宙工学科 奥山圭一 教授
日本大学理工学部 航空宇宙工学科 宮崎康行 客員教授

皆さんは、毎日の生活の中で、人工衛星が取得する情報をさまざまな形で利用していることを考えたことがあるでしょうか。
人工衛星には、大きく分けて、コミュニケーションインフラを担う「通信・放送衛星」、気象予報や災害予防、災害発生後の迅速な被害状況の把握に役立てる「地球観測衛星」、スマートフォンやカーナビ等にも活用される高精度の測位情報を送る「測位衛星」、太陽系や宇宙の謎を解き明かしサイエンスの発展に貢献する「科学衛星・実証衛星」等、その目的に応じていろいろな種類があります。
それらは、利用、応用の範囲をさらに広げ、めざましい技術の発展を遂げ、その衛星データは様々な形で活用され、新規産業や経済活性化に貢献しています。
例えば、災害発生時に被災地の状況を把握したり、ハザードマップを作成したり、海氷観測による船舶の安全確保、農業においての収穫時期の予想や農地管理等など、そのデータ利用方法は多岐にわたっています。

では、皆さんだったらどんな風に人工衛星を利用するでしょうか?

内閣府の「宇宙基本計画」の中でも、宇宙政策に関する具体的アプローチとして、
(1) 宇宙安全保障の確保
(2) 災害対策・国土強靱化や地球規模課題の解決への貢献
(3) 宇宙科学・探査による新たな知の創造
(4) 宇宙を推進力とする経済成長とイノベーションの実現
(5) 産業・科学技術基盤を始めとする宇宙活動を支える総合的な基盤の強化
があげられ、
人工衛星の、ミッションを支えるさらなる技術開発に期待が寄せられています。

また、先般NASAの火星探査車「パーサビアランス」がジェゼロクレーターに無事着陸し、2年におよぶ予定のミッションが始まりました。宇宙科学の最も大きな課題である、宇宙の起源・構造・進化の謎を解き明かし、惑星の誕生のプロセスを解明し、生命の起源を探る-人類はどこから来てどこへ向かうのか-を知る手がかりが見つかるかも知れません。

今回のワークショップは40分間という短い時間となりますが、人工衛星開発の話を中心に、私たちはなぜ宇宙をめざすのか、一緒に考えていきたいと思います。
2022年度打ち上げ予定の、日本大学理工学部 航空宇宙工学科 奥山研究室が開発中の人工衛星の最新情報も楽しみにしていてください。

  • 学生が開発した人工衛星「NEXUS」(2019年1月打ち上げ)から
    送られてきた地球の写真①
    写真
  • 学生が開発した人工衛星「NEXUS」(2019年1月打ち上げ)から
    送られてきた地球の写真②
    写真

戻る

このページの上へ