学校・教育機関向け サービス 中学・高校向け 海外プログラム Yale-NUS Asia Pacific 模擬国連

一国の代表として、アジアの多様な同世代との議論を経験し、国際問題についての解決策を導き出す、アジア最大級の模擬国連です。

アジア最大級の模擬国連で、「伝える力」と「傾聴力」を身につける

「Yale-NUS Asia Pacific 模擬国連」は、アジアの国々を中心に世界各地から約1,000名の中高生が集まる、アジア最大級の模擬国連です。米国のイェール大学とシンガポール国立大学との連携によって2013年に生まれたYale-NUS Collegeがホストを務め、3日間にわたって世界を取り巻くさまざまな国際・社会問題に対する議論を繰り広げます。世界各国の中高生と実際の国際問題について議論を行うことで、多様な意見の中から解決策を導き出すための方法を学ぶことができます。

国連に派遣された大使となり、国際問題について国を代表する立場として議論する

アジアを中心に世界各地から中高生(15~18歳が中心)が集まり、オールイングリッシュという環境のもと、さまざまな国際・社会問題に対する議論を行います。模擬国連では、参加者が国連に派遣された一国の大使となり、国際問題について自国を代表する大使という立場から議論を経験し、論理的思考力を養います。

マスタークラスで「模擬国連」の基礎を知り、最適解へたどり着く思考法を学ぶ

「マスタークラス」はJTBが日本での運営を実施している「模擬国連」の研修会です。本会議開催に先立ち、実際に本会議で運営メンバーを務めるYale-NUSの学生が開催しています。実際の大会のレクチャーや議論の実施、学生講師陣との交流を通じて、国際問題の解決策を考える過程を体験することができます。