閉じる
企業・団体向け
学校・教育機関向け

自治体・行政機関向け サービス 観光ICT まちめぐりデジタルマップ「Stroly」

自分の地域を訪れた旅行者のこと、知っていますか?
まちめぐりデジタルマップ「Stroly」は、紙の地図の分かりやすさや楽しさはそのままに、デジタルならではの便利な機能で、観光客の回遊を促進し、地域の消費を拡大します。

 

地域の皆様、こんなことにお困りではないでしょうか?

  • 観光マップを毎年作り直さなければならず、手間と費用がかかり面倒だ
  • 観光マップを使って、観光客の域内消費を促進したいがどうして良いかわからない
  • 地域を訪れた観光客が、いつ、どこで、何をしているか掴めていない

まちめぐりデジタルマップ「Stroly」は、地域が抱えるこれらの課題を解決するとともに、観光客の回遊を促進し、地域の消費を拡大します。

まちめぐりデジタルマップ「Stroly」でこんなことが実現できます。

01観光マップのわかりやすさ+αの機能をデジタルで実現

紙の観光マップと同じ利便性を持ちながらタイムリーな情報更新ができ、スマホひとつで街歩きが楽しめます。

02観光客の動向を生み出し、消費も活性化

紙の観光マップと同じ利便性を持ちながらタイムリーな情報更新ができ、スマホひとつで街歩きが楽しめます。

03リアルな行動分析

観光客の行動データに基づくリアルな行動分析により、効果的な施策開発が可能となります。(言語別分析によるインバウンド)

活用例

  • 公園やテーマパーク等の施設マップのデジタル化により、旅行者の利便性や満足度が向上します。
  • イベント会場マップのデジタル化により、受付やテナント、物販情報などを反映することで、来場客の移動、回遊を促進し、消費拡大に繋がります。
  • JTBパブリッシング「るるぶ特別編集」と組み合わせることで、PR効果をさらに高めることができます。

まちめぐりデジタルマップ「Stroly」は、旅や交流を通じて感動体験を創出・発信するJTBと、多様なイラスト地図や古地図に現在地情報を連動させる技術を有するStrolyが提携し、開発・運用しています。

 

株式会社JTBと株式会社Strolyは、位置情報と連動したオンラインマップを使って旅行者に地域の魅力を伝えるまちめぐりデジタルマップ「Stroly」事業を推進するため、2018年8月よりJTBがStrolyへ資本参加並びに包括業務提携契約を締結しています。

 

関連情報

「Stroly」公式サイト