閉じる
企業・団体向け
学校・教育機関向け

自治体・行政機関向け サービス 健康・ヘルスケア 地域×企業で非日常のワークプレイスを! JTBのワーケーション受け入れ地域サポート

「新しい働き方」が少しずつ社会で定着しはじめています。そんな中、注目されているのが「ワーケーション」です。仕事(ワーク)と休暇(バケーション)を組み合わせた「ワーケーション」という働き方が注目を集める中、ワーケーションの受け入れに取り組み、地域活性を図りたいと考える自治体が増えています。JTBは、オフィス、ホームに次ぐ、第三の非日常ワークプレイスを地域と企業で共創、地域のタカラで組織のチカラを磨いていきます。

ワーケーションとは?

「ワーケーション(Workcation)」とは「Work(仕事)」と「Vacation(休暇)」を組み合わせた造語で、「リゾート地や地方等の普段の職場とは異なる場所で働きながら休暇取得等を行う仕組み」です。「個人が主体的に選択する、日常的な仕事(ワーク)に、非日常的な休暇(バケーション)の感覚を埋め込んだ柔軟な働き方」であり、「新たな働き方」(ワークスタイル)として注目されています。

観光庁はワーケーションを特性により、休暇型(福利厚生型)と、業務型(地域課題解決型、合宿型、サテライトオフィス型、ブレジャー型)に分類しています。

ワーケーション区分

出典:「観光庁・新たな旅のスタイル検討委員会」資料を基にJTBにて加筆

JTBグループが進めるワーケーション

JTBグループが進めるワーケーションの目的は、1.『企業(組織、産業、ヒト)』と『地域』の最適最良なマッチングを事業として推進することで、2.双方のウェルビーイングやEVPと持続的な関係を築き、3.多様な働き方や地方創生を促進させることです。 オフィス、ホームに次ぐ、第三の非日常ワークプレイスを企業と地域で共創することで、地域のタカラで組織のチカラを磨いていきます。

地域にとっての価値

  • 関係人口・交流人口の拡大
  • 二拠点拠点→移住定住への繋がり
  • 地域ブランドの向上
  • 新産業の創出
  • 市民と企業の交流機会の創出

企業にとっての価値

  • 休暇取得率の向上(働きながらリフレッシュ)
  • 柔軟な働き方(好きな地域で働く)
  • 発想力の向上(五感セレンディピティの出会い)
  • 新規事業の創造(地域での新規ビジネスのきっかけ)
 

地域・企業双方の課題解決につながる、JTBワーケーション

地域が目指す姿

STEP1からSTEP3の推進過程で「ワーケーション」をテーマとした地域誘客を検討

自治体向けワーケーションメニュー

01調査・戦略策定による方向性の提示

方向性の提示の流れ

02ワーケーション推進のためのハード・ソフト

ハード

  • コワーキングスペースの整備
  • 宿泊施設活用
  • 二次交通整備
  • 備品購入
    (Wi-Fi設置、机、椅子、OA機器等)/ 衛生関連

ソフト

  • 着地コンテンツ造成
    (滞在プログラム)
  • 地域におけるワーケーション推進人財育成
  • 域内の多様な関係者との推進体制づくり
  • プロモーション全体計画

03誘客に資するソリューション

①BtoB

  • ホームページ整備
  • 法人に対するワーケーション提案パンフレット作成
  • 企業版ふるさと納税
  • 人財育成プログラム
  • 自治体と大都市企業とのマッチング

②B2B2C/E

  • ホームページ等による情報発信
  • ワーケーションパンフレット作成
  • EVP(福利厚生サービス)との連携
  • 法人契約の獲得支援

③B2C

  • 旅行商品化支援(るるぶトラベル等)
  • ホームページ等による情報発信
  • パンフレット作成
  • SNSの管理運営

WEBマガジン「#Think Trunk」小さな町のワーケーション誘致!今ある資産を活かした板室温泉の取り組み

今あるものを活かし、無理のない範囲でワーケーションの受け入れができないかと動き始めた温泉地があります。それが、栃木県にある板室温泉です。今回は、板室温泉ワーケーション×アウトドアプログラム実行委員会事務局兼、那須塩原市観光局の斉藤喜代美氏に、ワーケーションを受け入れる取り組みを始めたきっかけや、取り組みの方法についてお話を伺いました。こちらもどうぞご覧ください!