閉じる
企業・団体向け
学校・教育機関向け

自治体・行政機関向け 事例 街づくりを担う人材を育成する地域リーダー育成講座開講!

「楽しい」「ためになる」「頼りにされる」3つの「た」を兼ね備えた3「た」のまちづくり(さんたのまちづくり)の実現にむけ、常総市が挑戦した新たな取組み「じょうそう観光地域づくりLabo」。街をリードしていく未来のリーダーを発掘するために開講した、地域リーダー育成講座の取り組み事例をご紹介します。

背景

アグリサイエンスバレー事業の一環として、新たな交流と産業の拠点となる「(仮称)道の駅常総」の開業を2023年3月に予定。100万人から150万人の来訪者が予想される中、それを活かした地域経済の活性化につなげられないか。「交流人口の拡大」「人が集まる元気な地域」「持続可能な地域」を目指す上で必要なのは、これからの街づくりを“考える人”。未来を導いてくれる人材を育てるための新たな取組みとして、「地域リーダー育成講座」の開設に至りました。

課題

「楽しい」「ためになる」「頼りにされる」街づくり

  • 将来を見据えた人材育成
  • 地域資源を生かした新しいファンド開拓
  • 人口減少、少子高齢化、若者の都心への流出による農業の跡継ぎ問題
  • 歴史ある寺社仏閣などの観光資源のPR
実施概要
講座名
「じょうそう地域づくりLabo」
目的
  • 新たな交流と産業の拠点として圏央道常総IC周辺にオープンする
    食と農と健康の産業団地「アグリサイエンスバレー」をビジネスの機会を捉え、地域活性化、地域の魅力や資源を活かした新しいイノベーションを創出するための「地域活性力」「社会関係力」「経営力」を持った「地域リーダー」を発掘・育成する
内容

定員50名

集合型研修(6回)、グループ別指導(2回)、事業構想の発表会、全9回

  • 地域リーダーとしてのマインドを醸成し、食・観光との連携など具体的ビジネスの手法を提示
  • ディスカッションやフィールドワークを通じて事業構想の構築
  • 各自の事業構想に基づき実践内容を設計、進捗確認と改善策の提案
    →カリキュラム終了後、農業経営など地域独自の新たな事業づくりを推進する
参加条件
常総市内の農業者、飲食・観光関係者、農業関連事業者
その他、常総市の地域資源を活かした活性化に関心のある方
ポイント
  • 事業企画サポータによる新しいビジネスづくりのアドバイスが受けられる
  • アグリサイエンスバレー内の事業者との連携、協力が図れる
  • 一緒に常総市を盛り上げる仲間が見つかる
プログラムスケジュール

2021年

10月13日(水) 地域リーダーのあり方を考える
10月25日(月) 地域の魅力発掘と課題の整理
11月16日(火) 地域のグランドコンセプトの創出
12月 中間MTG

2022年

1月19日(水) 経営理念・事業のグランドデザインづくり
2月7日(月) 地域リーダーに学ぶ地域づくり・事業づくり
2月24日(木) 消費者にとって魅力的な地域商品
3月 中間MTG
3月25日(金) 事業構想発表会
JTBならではのサポート
  • 2013年から株式会社アグリコネクト様と共に食農観光塾の立ち上げに取り組み、農業を中心とした街づくりに対する広い視点を提供
  • JTBのリソース・ネットワークを活用した地域の魅力発信・啓蒙活動
  • 消費者ニーズに合わせた地域コンテンツの提案・誘致活動
導入効果

20代~70代と年齢層も幅広く、50名の方にお申込みいただきました。初回の講座終了後の参加者アンケートからは「興味深い講義内容で、様々な視点から考えるきっかけになりました」「異業種の方と知り合うことができいい刺激をもらいました」「今後やるべきことが明確になり、“今やるしかない”とモチベーションがあがりました」といった感想をいただくことができました。今後継続して行われる講座の中で、新たな事業の立ち上げやリーダーの育成を目指し、まずは一歩を踏み出すことができました。

おすすめポイント

人が集まる、元気な街づくりに必要なのは、一緒に街の将来を考え、街を引っ張っていってくれるリーダーの存在ではないでしょうか。そんな人材育成のお役に立てるよう、受付対応から資料配布、レポート提出窓口まで講座開講のサポートや、その後のファンド開拓のお手伝いをさせていただきます。ぜひご検討ください。

担当者コメント
街づくりを担う人材を育成する地域リーダー育成講座開講!
茨城南支店  小貫 友絵
茨城南支店  小貫 友絵

2023年の開業を目指す「(仮称)道の駅常総」は、常総市における人の流れを大きく変える、一大プロジェクトとして期待されています。この巨大プロジェクトを契機に、この地に住む市民の皆様や、関係者の方々が主役となり、様々なコラボレーションを生み出しながら、新しい「常総市」が誕生すると確信しています。そんな新時代の主導者の育成をサポートするための事業を、食農ビジネスコンサルティングのプロである株式会社アグリコネクト様と携わらせていただくこととなりました。これからじょうそうLaboの塾生が生み出す新事業に、観光や地域活性化という観点から、弊社の数々のリソースを活用しつつ、新事業の拡大に向けて全力でサポートをさせていただきたいと考えております。

本事例のメインソリューション