閉じる
企業・団体向け
学校・教育機関向け

自治体・行政機関向け サービス 観光ICT JTB MaaS API Gateway

JTB MaaS API Gatewayは、地域や観光事業者のアプリとAPIで連携することで、旅行者に商品の検索、予約・決済、移動体験などをワンストップで提供するソリューションです。旅行者はスマートフォン一つで利用でき、観光事業者においても、地域の情報発信や商品の登録、販売チャネルの拡大やデータ分析の利活用が可能となります。

MaaSとは

MaaS(マース:Mobility as a Service)とは、地域住民や旅行者一人一人のトリップ単位での移動ニーズに対応して、複数の公共交通やそれ以外の移動サービスを最適に組み合わせて検索・予約・決済等を一括で行うサービスであり、観光や医療等の目的地における交通以外のサービス等との連携により、移動の利便性向上や地域の課題解決にも資する重要な手段となるものです。(国土交通省)

日本国内でも様々な地域でMaaSの実証実験が始まっていますが、実証で終わらせるのではなく、地域の課題を解決しどのような将来像を描いて実現していくかがとても重要です。

JTBが考えるMaaSとは

JTBが考えるMaaSとは、旅の目的を創造し、交通や予約サービス、行動データの利活用を一体とした、旅行者の欲求と地域事業者の諸課題の双方に応える「観光需要喚起型MaaS」(以下観光型MaaS)です。単なる移動手段の利便性向上ではなく、人が移動する目的を創り出し地域と一体となった観光型MaaSを目指します。

JTB MaaS API Gatewayとは

JTB MaaS API Gatewayは旅行者と地域事業者をワンストップでつなぐソフトウェアサービスです。タビマエでの情報収集・予約、タビナカでの入場・体験・二次交通のオンライン予約決済、タビアトでのデータ分析利活用をデジタルでシームレスに行うことができます。

入場施設は「グッドフェローズJTB」のチケットHUBシステムを、体験施設はトリップアドバイザーと連携する「JTB BÓKUN」のシステムを活用します。また「asoview!」と共同開発した「エリアゲート」やデジタルマップの「stroly」、オンデマンドタクシーの「MIRAI SHARE」等様々なシステムを接続できます。これらのシステムを地域事業者の既存ホームページや予約システムと連携し「JTB MaaS API Gateway」で一元管理することで、地域を面で捉えより多くの旅行者にアプローチが可能です。域内でのクロスチャネルや将来的なインバウンドを見据えた海外OTAへの販売機会も広がり、地域での経済効果が期待できます。

導入メリット

  • コンテンツの【商品検索】、【予約・決済】、【移動】、【体験・入場】までをワンストップで提供します。
  • 初期投資を抑えてスピード感を持った導入が可能となります。
  • 既存の仕組みを活かし、販売機会を増やすことができます。

観光(体験・入場)×移動を、スマホで簡単にオンライン検索・予約・決済でき、データ分析と利活用できる仕組みの構築をサポートします。

MaaS&デジタルソリューションで地域課題を解決し、データ収集・分析・利活用することで地域の活性化を促進

導入事例 国内初の環境配慮型・観光MaaS(仮称:日光MaaS)の取り組み

2021年度内に、栃木県日光市にてMaaSの実証実験を行います。日光MaaS(仮称)では、鉄道・バスをセットにしたお得なデジタルきっぷのほか、EV・PHVカーシェアリングやシェアサイクル、EVバス等の環境にやさしいモビリティと、歴史・文化施設等の拝観・入場チケット、ネイチャーアクティビティ等の観光コンテンツを、ワンストップでご利用いただける仕組みになっており、スマートフォンから簡単に、検索・予約・決済が可能となっています。また、EV・PHVカーシェアリングの展開とともにEV充電器を地域内に増設することで、EVで安心して周遊観光を楽しんでいただける環境を整備します。

脱炭素社会への移行と周遊観光の振興による地域活性化を同時に推進する日光MaaSを着実に推進し、「環境にやさしい観光地」としての日光地域のブランドを強化していくとともに、観光地における脱炭素の取り組みのロールモデルとなることを目指してまいります。

今後の展望

2022年度には全国各地に向けてMaaS API Gatewayの本格的な導入を進めていきます。今までの実証をもとにMaaSによる観光課題を解決し地域の活性化を目指します。また、将来的には旅行者だけにとどまらず、二次交通を含めた地域住民の生活利便性向上への活用を描いており、理想的なまちづくりやスマートシティに向けた地域ならではの未来図を実現していきたいと考えています。