学校・教育機関向け WEBマガジン「#Think Trunk」 プログラミング教育

ぷろぐらみんぐきょういく / Programming

プログラミングとは、コンピュータに意図した動作を行わせるために、まとまった処理手順を作成し、与えることです。
プログラミング教育は、2020年度より小学校で必修となっていますが、情報活用能力を持った人材の育成を目的として中学校・高等学校でも実施されます。
なお、プログラミング的思考とは、「自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組合せが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力」と文部科学省が定義付けています。