サービス
閉じる ✕
  • サービス・ソリューションから探す
  • 課題・目的から探す
閉じる
自治体・行政機関向け
学校・教育機関向け

企業・団体向け 資料ダウンロード 実施例から紐解く!コロナ禍における海外インセンティブツアー実施のポイント

これからは、新たなリスクを念頭に置きながら企画・実施する必要があります

2019年に始まった新型コロナウイルス感染症拡大により、企業が実施する海外インセンティブツアーは、そのほとんどが延期・中止となりました。

長らく海外旅行に出かけられない日々が続きましたが、2022年に入りようやく、日本を含めた各国が水際対策を緩和、海外旅行にも復活の兆しが見えてきました。これにより、コロナ禍前にインセンティブツアーを実施していた企業の中には、海外インセンティブツアーの復活を検討したり、検討の結果、実施するところも出てきました。

しかし、今後、新型コロナウイルス感染症が再びまん延したり、新たな感染症が発生することも考えられます。これからは、この新たなリスクを念頭に置きながら、海外インセンティブツアーを企画・実施する必要があります。

そこで本資料では、ハワイ観光客受け入れ再開後の海外インセンティブツアーの実施例から、今後の海外インセンティブツアーの企画・実施のポイントをまとめてみました。貴社の海外インセンティブツアー企画・実施の参考になれば幸いです。

同業他社様のダウンロードは、お断りさせていただくケースがございます。

INDEX

  1. はじめに
  2. コロナ禍における海外旅行実施のポイント
    1. コロナ禍における海外旅行実施までの流れを掴む
    2. 目的地の水際対策を確認する
    3. 日本帰国時の水際対策を確認する
    4. 参加者へ的確な案内を行う
    5. 感染者発生時の対応を確認する
  3. 現地での工夫