サービス
閉じる ✕
  • サービス・ソリューションから探す
  • 課題・目的から探す
閉じる
自治体・行政機関向け
学校・教育機関向け

企業・団体向け サービス 旅行 シリコンバレー流 新規事業開発 研修プログラム『BizDev道場』

JTBグループは2018年よりシリコンバレーに拠点を設けR&D活動を展開しています。そこで生まれたのがこのプログラム。JTBシリコンバレーR&DオフィスとBizDev Dojo社が共同で開発したオリジナルのワークショップ型事業開発スキル養成プログラムです。日本のトップ経営者を唸らせた事業企画のプロ集団『BizDev Dojo社』のメソッドを詰め込み、実践体験型プログラムとしました。事業創造・企画開発を念頭に、シリコンバレーならではの“自分が何かを生み出す”というマインドと実践力を身につける、成果と成長にコミットするホンモノの人財育成プログラムです。

BizDev(ビズデヴ)=Business Developmentの略語(シリコンバレーでは、こう言われており、日本でも少しずつ浸透してきています。)

なぜシリコンバレー?『BizDev道場』が目指すもの

成長し続けるアメリカ...その中心たるシリコンバレー

シリコンバレーには、思いもよらないアイディアや突破力でビジネスを拡大する魅力的な人財・スタートアップ企業が集まっています。でも実は、シリコンバレーという名前の土地は地図にはありません。エリア一帯の俗称です。ではその本質的価値とは何なのでしょうか?

プログラムの共同開発者であるBizDev Dojo社代表・森井啓允氏は、このように語ります。「シリコンバレーとは、新しいことが、生まれる...そうした人・企業・空気感、それらの現象そのものの総称だと考えています」だからこそ、参加者の「本質的な満足」を最大限に引き出す研修先として最適なのです。

「本質的な満足」とは?

参加者の「本質的な満足」とは、行くだけではなく、行った後にこそ効果が得られるということ。そこで、本プログラムでは...

  1. 日本という日常を離れ、徹底的にインプットできる環境を設ける
  2. シリコンバレーならではの「自分が何かを生み出す」という姿勢・マインドを、直に学び、身につける

というところまでカバーし、研修成果にコミットします。自身の担当する事業や、将来のキャリアに直接活きるヒントやアイディア、行動マインドを得ることができるため、帰国後に活かすことができるのです。とはいえ、滞在期間中の徹底的なインプットとアウトプットの繰り返しは、決して楽なものではありません。しかし、ここで身についたマインドとスキルは、確実に参加者の血となり肉となり、大きな自信になります。

成果を求める体験型研修プログラム...その特徴とは?

帰国後の具体的なアクションにつなげる

参加者の「本質的な満足」を追求する上で、このプログラムでは帰国後の具体的なアクションにつながることを何よりも大切にしています。多くの日系企業が抱える課題は、新規アイデアのインプットをアウトプットに変えるための発想と方法です。そこで本研修中は、主語を「自分」として、徹底的に自分(自分の未来)と会社(会社の未来)に向き合えるように環境を整備。参加者は、切り口・伝え方の“スキルセット”と、考え方の“マインドセット”を行います。よくある研修で行う仮説テーマ設定のグループワークよりもアウトプットがより期待できます。

事業や企画を生み出す過程や内容を随所に

また、結果を出すための教育型研修として満足いただけるように、事業や企画を生み出す過程や内容を随所に組み込みました。最終的には、研修終了後に経営会議で出せるレベルの新規提案を生み出せるレベルまで成長できるプログラムとなっています。研修終了後も約2か月間の毎週1時間、個別メンタリングをオンラインで受けられるため、個の力を強めるコンサルタントのような効果があります。

オンラインでの実施も可能に

感染症拡大に伴い、オンライン実施にも対応しました。お気軽にご相談ください。

事業開発・企画開発スキル養成プログラム 4つの特徴

01徹底的に自分と向き合うセッション

事業創造をする覚悟や意思を植え付けるために、徹底的に自分と向き合うセッションを用意

02第一選級スタッフによる個別メンタリング

リアリティのある提案のために、グループワーク主体ではなく、シリコンバレー駐在MBAホルダーによる個別メンタリングを実施

03帰国後も役に立つスキルセットの体得

継続的に最新アイデアや情報を収集し続けることができるスキルセットを体得

04ダイバーシティ溢れる参加者構成

米国駐在の日系企業、日本からの日系企業が参加するので、日本語でのセッションでありながら、よりダイバーシティを担保

ベースとなる8つの基本プログラム

プログラムには、ベースとなる【8つの基本プログラム】があります。これらをもとに、各回の参加者ごとに内容をカスタマイズし、オンリーワンの研修を展開します。合宿のように集中して身につけることで、帰国後すぐにスキルセット&マインドを活かすことができ、効果を実感することができるのです。

表面的な満足から、「本質的な満足」へと導く!8つの基本プログラム

01トレンドサーチング&スタートアップソーシング

特定のスタートアップや業界のトレンドを短時間で調査するためのサイトの情報や検索の仕方を習得する。

02効果的「ダメ出し」ディスカッション術(★)

ダメ出しこそ最高の改善策提案。日本では嫌われがちな、相手の発言の欠点・違和感の洗い出しを行う。

03「創造性」を高めるデザインシンキング

”人”中心に課題を抽出し、顧客目線でプロダクトやサービスを考える。“デザイン思考”を具体的なケースを用いて実践する。

04ビジネスモデルナビゲータ(★)

55に分類された「成功するビジネスモデル」に焦点を当て自身のプロダクト・サービスの可能性を広げる。

05シリコンバレー事例紹介

シリコンバレーを中心とした最新のアプリ、プロダクトやGAFAの動きから新規事業のヒントを得る。ニュースで知るだけでなく、サービス含めた実体験を通じて、深くて新しい情報を得る。

06事業戦略フレームワーク(★)

事業企画の鉄板フレームワークのアンゾフのマトリックスをワークに落とし込み短時間で参入する事業領域を絞り込む。

07テレビ局&孫正義&シリコンバレー的発想術(★)

シリコンバレー的発想とは、デザイン思考・アイディアの掛け合わせ・世界から情報をとるスキルのこと。あらゆる場面で応用が効く、「組み合わせ」による「新しい」「面白い」の発見を実践する。

08資料作成&プレゼンテーション術(★)

資料やプレゼンの目的は何か、聞き手から「 YES 」を引き出すウケるストーリー、プレゼンテーションづくりを行う。

(★):既存の汎用型視察・研修には見られない、本プログラム独自の内容

参加者の声

  • 自分と向き合う時間も多く、やりきれた達成感があった。
  • 参加者同士や現地の一線級のメンターと繋がれたことは財産。
  • アイディエーション(=新しいアイデアを生み出していくクリエイティブなプロセス)も大事だが、もっと大切な、自分の意志の強さ、主語化する姿勢を学んだ。
  • 研修開始時の企画内容が最終日のプレゼンには驚くほどブラッシュアップされ、自信がついた。
  • シリコンバレー特有のマインド体感と、日頃の仕事の取り組み方に対して強い危機感を覚えた。
  • 何かをやることより、やらない理由を探してしまっていた、自分の覚悟の不十分さを痛感した。
  • これからは強い意志を持ってアクションしたい。

貴社のご要望に応じてアレンジします。お気軽にご相談ください。