サービス
閉じる ✕
閉じる
学校・教育機関向け
自治体・行政機関向け

企業・団体向け サービス ビジネストラベル 『J’sNAVI NEO』『J’sNAVI Jr.』

JTBの法人向け出張手配システム
豊富な種類のチケット予約から経費精算まで出張に必要なすべての業務をワンストップ対応。

出張手配におけるこのようなお悩みはありませんか?

  • 出張者各自がバラバラにチケットを手配しており、手配内容を把握できていない。
  • 出張者が対応する仮払い・立替精算処理、経理担当者が対応する出張者への振込処理の負担が大きい。

当社では、JTBグループがこれまで携わってきたリアルなサービス(旅行、出張、カード)とITの融合による、斬新なソリューションを提供しております。特に出張データの活用については、これまで企業内の業務システムとは切り離され、個別に運用されるケースが一般的でしたが、これを連携させることにより新しい出張管理の方式を実現しております。

2つのソリューション

01出張・経費管理ソリューション『J’sNAVI NEO』

~出張の全プロセスをシステム化。ワークフローによる申請から予約・承認・精算・会計計上までを可能にするシステムによりペーパーレス・キャッシュレス・タイムセービングを同時に実現~

国内・海外の出張を知り尽くしたJTBだからできる、「出張手配システム」と「経費精算システム」を統合した出張・精算ソリューション。法人一括契約なので立替の心配なし。J’sNAVI NEOの導入で、出張関連業務の問題が一気に解決します。

J'sNAVI NEOで実現できること

  • 出張経費の削減
  • システム化することで出張ワークフローの効率化
  • 出張経費の一元管理を行い、経費全体の可視化
  • 出張時のリスク管理の強化

旅費・経費精算システム「J'sNAVI NEO」は航空券、新幹線、レンタカー、宿泊などの出張手配から旅費・経費精算までワンストップで提供し、業務効率やコスト削減を実現するソリューション。会計システムやERPシステムとのデータ連携のご要望にも対応します。

精算データと請求データの自動マッチング

この自動マッチング機能は、精算データ(ワークフロー側)とチケットデータ(チケット手配システム)が合体しているJ'sNAVI NEOだからことできる機能です。この機能により、経理担当者の業務を大幅に軽減することが可能です。

繰り返しや消し込みなどの、煩雑な突き合わせ作業は一切不要です。

導入事例

電機メーカーA社 ユーザ数約15,000名(グループ21社利用)
グループ全体の経費精算方式の統一と、バックオフィスのシェアード化

導入後の状況

全ての立替経費の支払処理をJ'sNAVI経由に一本化することで、経費関連業務を集約。経理組織のスリム化が実現。

【実績例】経費関連業務を年間工数約27,584時間、61%カット

会計期間の短縮化に対応するため、会計システムの入れ替えと同時にJ’s NAVIを導入したのですが、グループ会計の効率化が促進され、連結決算も スピードアップされました。
システムに対応して、グループ各社の経費ルールを統一。勘定科目も再編しましたが、その際経理知識がない社員の使い勝手を考慮。仕様が統一されたため、グループ間の異動が多い社員も改めて入力業務を学ぶ必要がなくなり、負担感が軽減されました。また、メーカーの場合は出張旅費も製造間接費になったりするケースがあり、一般社員には理解できませんが、J's NAVIではその辺の工夫もあります。
一般社員にとって大きなメリットは、経費精算の承認状況がわかること。承認履歴が一目瞭然なので、どこで承認が止まっているのかがわかります。 上司のところで止まっていたら、上司を「早く承認してください」と突っつけばいいんです(笑)
シェアードサービス部門(BPO)を地域毎に設置して連携を実現。各社、各部門における領収書のチェック・管理・保管等、経費関連業務の迅速化が実現しました。


02ワークフロー連携可能な出張手配サービス『J’sNAVI Jr.』

~既にご利用中またはご検討中のワークフローシステム、旅費経費精算システムに連携。使い慣れた申請画面から、出張手配もできるように~

国内・海外の出張を知り尽くしたJTBだからできる、出張手配システムです。既にご利用中のワークフローや経費精算システムと連携できる為、出張の申請、手配、精算等の出張関連業務を大幅に効率化します。

出張申請~出張精算までの流れ

導入事例

食品メーカーB社 ユーザー数約3000名
ワークフローシステム連携で、出張データの可視化と一元管理がより便利に

導入前の状況

もともとBzitサービスを利用していました。 社内で経費立替用のワークフローシステムと併用利用していましたが、出張データと、出張申請書の関連付けをする為に、Bzit側の出張番号をワークフロー側に社員が手入力し、経理部門が両方のシステムのデータの突き合わせ作業を行うため、EXCELでマクロを作成し、手作業データ集約をしていた。出張者および経理部門ともに煩雑な作業が発生し、負担が大きくなっていました。

 
導入後の状況

出張者の番号入力作業、経理部門でのEXCELでの手作業ともに改善され、データの可視化、一元管理がよりしやすくなりました。
ワークフローシステムとの連携で、かならず手配時に出張申請を必須とする運用にし、上司がチェックできるようにしました。結果として現場部門での旅費削減についての意識が高まり、効果が出始めています。
会計システム(ERP)にも連携し、会計システムへのデータ入力や、支払処理も楽になりました。


関連情報

「J'sNAVI NEO」公式サイト

「J'sNAVI Jr.」関連サイト