サービス
閉じる ✕
  • サービス・ソリューションから探す
  • 課題・目的から探す
閉じる
自治体・行政機関向け
学校・教育機関向け

企業・団体向け WEBマガジン「#Think Trunk」 社内運動会で意識が変わる!?運動会による4つの効果と事例4選

2020.03.10
ミーティング・イベント
人材強化

2020年に向け、高まるスポーツイベントへの関心

国際的なスポーツイベントが国内で続く中で、日本のスポーツ人口やスポーツに関心を持つ人が増えています。スポーツ熱が高まっている今こそ、社内イベントに運動会を導入してみませんか?
今回は運動会やスポーツイベントを導入した企業の事例や効果、実施後の参加者の声をご紹介していきます!

スポーツイベントをきっかけに、社内のコミュニケーションが変わる

JTBグループ会社のJTBコミュニケーションデザインの「運動会・スポーツイベントに対するアンケート」によると、「他の部門と交流できた」「職場の中でコミュニケーションが増えた」という声が多く見受けられます。また「社内イベントに関するモチベーション調査報告書(2015年)」によると、「知らない部署の方と話す機会ができた」「組織が一つになり競技に挑む姿で、弊社の社風を再確認できた」「同期の知らない一面を見ることができた」という反応もあり、職場のコミュニケーションが増え一体感が増していると感じている社員が多くいることがわかります。

社内イベントに関するモチベーション調査2015 『社内イベント実施後の職場内の変化について』

さらに、JTBではスポーツイベントによる効果を大きく4つにわけて考えています。

スポーツイベントによる4つの効果

効果01社員同士のコミュニケーションが促進される

同じオフィスにいながら、メールや電話だけになりがちな社内の人間関係。スポーツ体験やイベントを経験することで、会話をしたり協力し合うきっかけが生まれ、職場でもリアルなコミュニケーションが広がります。

効果02家族も一緒に楽しめることで、人材流出を抑制する

社員の家族も参加できるスポーツイベントは、企業に対する信頼を高めます。社内運動会は家族を含めて交流できる“フェスティバル化”の傾向にあります。子ども向けのアトラクションや授乳室の設置、事業紹介の展示が積極的に行われ、企業の姿勢を家族とともに感じることで、人材定着を後押しします。

効果03企業ビジョンを共有し、エンゲージメントを高める

キックオフや株主総会などの公式行事とは違い、運動会やスポーツ体験というアクティブな活動を通じてメッセージを発信。体感的な経験は、ビジョンやメッセージをより深く印象づけることができます。

効果04参加性を高め、チームワークを結成できる

コミュニケーションを促進するだけでなく、組織やチーム、年代など、さまざまな区分けで参加性を高め、共通の目標・課題に向かって団結して取り組むことで、チームワークを飛躍的に向上させる効果が見込めます。

縁日や飲食ブースも?
家族も楽しめるスポーツイベント事例4選

ここからはイベントの規模感や会場など、具体的な情報も交えながら事例をご紹介していきます。

01大規模なイベントも、ステージと競技の相互進行で飽きさせない!

参加者数 8,000人(社員・ご家族)
会場 パシフィコ横浜

ステージエリアと競技エリアをわけ、スクリーンを4画面配置。広い会場を生かして縁日や飲食ブースを設置し、ライブのような一体感を演出しました。8,000人もの参加者一人ひとりに満足いただけるように、競技に参加していない人や運動が苦手な人も楽しめる工夫を施しました。

02オープニングムービーや芸人の起用でワクワク感を

参加者数 2,500人(社員・ご家族)
会場 笠松運動公園体育館

5周年を記念して、これまでの歩みをふり返るオープニングムービーからスタートし、ビジョンを共有。若手芸人をゲストに迎えて各種エリアからのレポートを盛り上げ、会場の高揚感を高めました。地元企業からの景品や参加賞ももうけ、地域との一体感も演出できた事例です。

03参加できない社員もムービーで登場!

参加者数 600人(社員)
会場 東京武道館

下半期のキックオフイベントとして運動会を開催。クイズの種目では参加できなかった社員がムービーでクイズを出題。会場の臨場感を演出するスポーツDJや、中継カメラを回しながらのインタビューなど、さまざまな工夫で場内の一体感を高めました。

主催企業さまの声

企画段階で、『モチベーションとイベントに関する調査報告書』や他社事例を紹介していただきました。企画の裏付けデータをご用意いただき社内提案もスムーズに進行!東京武道館という手配が難しい公共施設を押さえてくださったのも、お願いしてよかったポイントです。

04社長も走る!社内の距離を縮めた「駅伝」

参加者数 180人(社員・家族)
会場 よみうりランド聖地公園

創立10周年を祝うイベントとして運動会を開催。スポーツ種目以外にもクイズなどを盛り込み、誰もが楽しめるイベントに。走りに自信のある人がチームを組んで走る「駅伝」では、スポーツ好きな社長自ら疾走したことで、社内の距離を縮めました。

主催企業さまの声

イベントのあとも家族連れが遊んで帰れる会場を選んでくださったお陰で、地方からの参加者も一日楽しめました。はじめての運動会でしたが当日の運営もサポートいただき、安心感がありました。会場選びや運営まで、社内のメンバーだけでは成功できなかったと思います!

スポーツイベントに興味関心が集まる今こそ、社員同士が自然と交流できる機会をスポーツで生み出してみませんか?豊富なノウハウをもつJTBなら、企画や準備、実施後の効果測定まで、事前事後をバックアップ。まずはお気軽にご相談から、みなさまのお悩みをお聞かせください!


関連リンク

モチベーションプラス

本記事に関するお問い合わせ、ご相談、ご不明点などお気軽にお問い合わせください。

関連サービス・ソリューション

JTBでは、様々なソリューションを組み合わせることで、それぞれのお客さまにあった課題解決⽅法をご提案いたします。

#Think Trunk

WEBマガジン「#Think Trunk」とは

人と人、人と組織、人と社会とのコミュニケーションのヒントをお届けする
WEBマガジンです。

人間・組織の悩みは、コミュニケーション・関係性の場づくりで解決できる。
〜JTBは、新しい形の交流のあり方を創造し、社会に貢献していきたいと考えています〜

JTB法人事業のお客様へお役立ち情報や課題解決のきっかけとなる知見、経験、アイデアを紹介するWebマガジンです。また産・官・学の皆さまとの接点があるJTBならではの垣根を越えた共創のヒントをお届けしたいと考えています。