サービス
閉じる ✕
  • サービス・ソリューションから探す
  • 課題・目的から探す
閉じる
自治体・行政機関向け
学校・教育機関向け

企業・団体向け 事例 読者がつい手に取りたくなる、でかけたくなるコミュニケーションツール

株式会社アデランス 様

オーダーメイド・ウィッグ、ヘアケア・スカルプケアを提供する株式会社アデランス様。「おしゃれをする方」=「おでかけする」という親和性から、会報誌「おでかけ日和」の制作をVol.1からJTBがお手伝いさせていただきました。会員様の生の声が聴きたい!と、会員様とのコミュニケーションツールである本誌を活用した消費者キャンペーンの事例をご紹介します。

背景

アデランス様の商品である「ウィッグ」はおしゃれに必要なアイテムであり、おしゃれをする方=おでかけするという親和性から、会報誌「おでかけ日和」はVol.1からJTBが制作をお手伝いさせていただいておりました。会報誌の内容をとても気に入っていただくことができ、 Vol.5の制作も継続したいと事務局様より依頼をいただきました。その中で、お客様とのコミュニケーションツールとして活用できる媒体のため、消費者キャンペーンをご提案。申込管理から問い合わせ、アンケート集約まで、事務局対応をサポートさせていただきました。

課題
  • 「おでかけ日和」の在り方について考え、媒体としての価値を上げたい
  • お客様の率直な意見が聴き、サービス、品質の向上を図りたい
  • 中高年層に向けて商品をPRしたい
「おでかけ日和」Vol.5の概要

「東京”魅力”再発見」を特集

江戸情緒に出会う日本橋、伝統と革新の街銀座、古き良きレトロ建築を楽しむ丸の内など江戸から令和へ、変わり続ける街を訪問。
古くて新しい東京をイラストマップ付きの1泊2日のモデルコースでご紹介

消費者キャンペーン概要
キャンペーン名
「おでかけ日和」キャンペーン
内容
アンケートにお答えいただいた方の中から、合計23名様に素敵な景品をプレゼント

特集賞に今回の特集でご紹介した「椰子の実羊羹」をご用意

JTBならではのサポート

01「おでかけ日和」企画・編集のサポート

  • JTBの知見を活かし、「旅のプロ」としての目線でのページの作成・編集
  • 会員様の層を意識したテーマ「東京“魅力”再発見」の選定
  • 会員様が「おしゃれをしてお出かけしたくなる」、シニア層だから知りたい情報を掲載

02消費者キャンペーンのサポート

  • キャンペーンの事務局については、経験豊富な関係機関と連携し、申込管理からアンケート集約まで、お客様のニーズにマッチした事務局対応
制作スケジュール
10月初旬~中旬

編集テーマ提案

10月下旬

編集テーマ確定

10月末

デザインイメージ制作

11月中旬

デザインイメージ共有
ページ作成・編集・校正

1月初旬~

最終調整

2月中旬

データ入稿

導入効果

会員様の層の目を引くテーマの選定により、“今号で「おでかけ日和」を初めて知りました”という方もいらっしゃり、会報誌「おでかけ日和」の認知につながりました。アンケートの回答では、旅行コンテンツに関する意見が多く、コロナ禍においてもお出かけしたいという気持ちを強く持っていて、美容への関心が高いことがわかりました。会員様からは「コロナ禍で外出を控えているが、ぜひ出かけてみたいところがあり、楽しみになりました」「遠出できない日常の中で近場の魅力を知ることができました」「友人を誘って訪ねてみたくなるような身近で役立つ情報でした」といった感想をいただき、おしゃれをして出かけたくなる、きっかけ作りとしても成功しました。

おすすめポイント

お客様のニーズが知りたい、お客様にもっと商品を知ってもらいたい、きっかけを与えられるようなプロモーション活動がしたい、とお悩みの企業ご担当者様。コロナ禍でお客様との接触機会が減少する今、“お客様の生の声を聴く”コミュニケーションツールの一つとして、ぜひ参考にされてみてはいかがでしょうか。

担当者コメント
読者がつい手に取りたくなる、でかけたくなるコミュニケーションツール
新宿第二事業部 三ツ井 雄大
新宿第二事業部 三ツ井 雄大

お客様のご要望に対してJTBグループの強みを活かした提案ができたことが良かったと思っております。旅のプロ=JTBだけでは無く、様々なグループ会社を持っているのが我々の強みと思いますので、その連携がお客様にとって価値提供につながったと思っております。アデランス様が会員様に対して伝えたいことを「おでかけ日和」というカタチにするお手伝いができ、実際にお客様よりお声をいただくことはとてもやりがいを感じております。引き続き価値提供ができるよう努めてまいります。

本事例のメインソリューション