WOWJTB!

パラ駅伝 in TOKYO 2019開催!
JTBが目指すインクルーシブ社会を体現した事例とは?

パラ駅伝 in TOKYOとは?

障がいのある人もない人も、ひとつのタスキをつないで駆け抜けるパラ駅伝。
今年も「パラ駅伝 in TOKYO 2019」が、3月24日(日)駒沢オリンピック公園(東京都世田谷区)で開催されました。選手、観客、ボランティア、この駅伝にかかわるすべての人が楽しむこのパラ駅伝を、JTBはゴールドパートナーとして協賛しています。

パラ駅伝は、視覚・聴覚・肢体不自由などの様々な障がいを持つランナーと健常者がチームを組み、全長18.736 kmのコースを走る駅伝です。日本財団パラリンピックサポートセンター(以下、パラサポ)の、「誰もがイキイキと輝いて活躍できる共生社会を作る」という理念のもと開かれており、今年で4回目の開催となりました。
今回は、会場で繰り広げられた選手たちの熱戦の模様と大会の一日をレポートします。

草彅剛さんが全力疾走!稲垣吾郎さん香取慎吾さんら著名人も応援!

今回の大会には全国16都道県から17チーム、海外からはカンボジアチームも参加し、過去最多の20チーム180名のランナーが出場しました。 出場チームの中にはパラサポスペシャルサポーターを務める草彅剛さんを中心とした「チーム i enjoy !」や、3回目の出場となる「チーム よしもと」など、著名人によるチームも参加。 また、パラ駅伝サポーターのキャイ~ンのおふたりや、稲垣吾郎さん香取慎吾さんがオープニングアクトを務め、約17,500人の観客が集まる大会を盛り上げていました。

草彅剛さんが全力疾走!稲垣吾郎さん香取慎吾さんら著名人も応援! 1

開会式では、山脇康パラサポ会長、同じくパラサポの特別顧問を務める小池百合子東京都知事、柴山昌彦文部科学大臣らの挨拶の後、稲垣吾郎さんのカウントダウン、香取慎吾さんのスターターにより第一走者となる視覚障がいランナーが大歓声の中、一斉に走り出しました!

草彅剛さんが全力疾走!稲垣吾郎さん香取慎吾さんら著名人も応援! 2

パラスポーツは人々の意識を変える...山脇会長のパラ駅伝への思い

ランナーたちが出走した競技場は、開会式の余韻もあり、いまだ興奮の中。
競技場内の観客は走り出したランナーの帰還と、次のランナーへの期待を秘め、熱気が冷めやらない様子でした。そんな中、今大会の主催であるパラサポの山脇康会長にお話を聞く機会をいただきました。

日本財団パラリンピックサポートセンター会長 山脇 康 様

日本財団パラリンピックサポートセンター会長 山脇 康 様

―パラサポの目指す理念やパラスポーツへの思いとは?

パラサポが設立された目的は、パラスポーツを振興・発展させ、誰もがイキイキと輝いて活躍できる共生社会を作ろうというものです。そして、もうひとつには東京2020パラリンピック競技大会に向けて、大会を成功に導くという目的があります。
私が一番始めにパラスポーツに関わったのは2012年のロンドン大会なのですが、そのときに見たアスリートが障がいに関係なく、自分の持つ能力を最大限に発揮している姿が素晴らしいと感動しました。 この感動を多くの皆さんに知ってもらうことで、人々の障がいに対する意識が変わり、それがインクルーシブ(共生)な世の中を作るきっかけになると感じました。
最近ではバリアフリーなどが進み、インフラの面では変わってきていますが、やはり一番大切なのは人々のマインドセットだと思います。人の意識が変わらなくては世の中は変わらない。パラリンピックや、こうしたイベントをおこなうことで人々の意識を変えていくことが重要なんだと思います。

―パラ駅伝はどのように始まったのでしょうか?

もともとは大会実行委員を務めていらっしゃる八代英太さんが発起人となって始まりました。 障がい者と健常者が一緒になってタスキをつなぐというはじめての試みだったのですが、やる人も見る人も非常に楽しんでひとつになれるイベントとして成長しました。 今回で4回目ですが、回を追うごとに参加者も増えていき、パワーアップして非常にユニークなイベントになってきたと思います。

―このイベントを通して、参加者に期待することはありますか?

障がいのある人も健常者も一つのチームになりタスキをつなぐという、パラ駅伝ならではの魅力を間近に感じていただけたと思います。観客の皆さんと一つになったパラ駅伝の素晴らしさを、参加者の皆さんはもちろん、この記事を見ている人にも、少しでも多く感じていただければと思います。
また、東京2020パラリンピック競技大会に向け、バリアフリー化など、2020年に向けてだんだん街の設備も整ってきています。こうした変化が進むことで、大会への関心もどんどん高まってきているので、人々の意識が変わるスピードもこれからさらに増していくのではないかと思います。そして、本番にはどの競技場も満員になって、日本選手が活躍する姿を見てもらえれば、もっと世の中が変わっていくのではないかと期待しています。

―最後にパートナーとなるJTBに対しての思いを教えてください。

JTBさんは旅行という、社会と深く関わり、個人個人とも非常に深く関わっているお仕事をされていて、我々の活動にも最初から非常に力強くご協力をしていただいています。パラリンピックの良さ、というのは選手と観客が直接結びついていくものなので、協賛を通して、そういう部分を知って、企業の活動にも役立てていただきたいと思います。
イキイキと走り抜けているランナーたちを背景に、パラスポーツ、そして東京2020パラリンピック競技大会への思いを語ってくれた山脇会長。会長の考える「共生社会」が、たしかにそこに広がっていました。

会場の外でもつながる人の輪。パラスポーツが創り出す"交流"

駅伝と並行して、中央広場では協賛ブースや、出場チームのふるさと名産品などが大集合した「ご当地物産祭」、パラサポのOEN-応援ブースが出展され、こちらも大盛況。スタジアムとはまた違った盛り上がりを見せる中央広場にも足を運んでみました。

JTBブースでは、JTBが協賛するパラサポ事業の一つ「あすチャレ!運動会」の一環として「競技用車いす体験リレー」が行われ、老若男女を問わず様々な方が訪れました。参加者は楽しむだけでなく、競技用車いすを使いこなすためにはテクニックやコツが必要なことなども体験し、様々な気付きを得るきっかけともなっていたようです。その後もリレーの参加者は続々と集まり、最終的に目標としていた、今回のパラ駅伝の1区間の距離、2.342kmを大幅に越え、4.3kmもの距離をつなぐことができました。

会場の外でもつながる人の輪。パラスポーツが創り出す"交流"

パラスポーツは、JTBが考える「交流創造事業」のひとつ

「あすチャレ!運動会」や、今回のパラ駅伝への協賛など、パラスポーツをはじめ、積極的にスポーツに参画を行っているJTBですが、そこにはいったいどんな思いがあるのでしょうか。車いすリレーで盛り上がるブースの前で、JTBでスポーツビジネス推進担当を務める青木尚二執行役員に話を聞きました。

株式会社JTB 執行役員 青木 尚二

株式会社JTB 執行役員 青木 尚二

―JTBでは、この「パラ駅伝 in Tokyo 2019」に協賛していますが、そこに至る経緯や、イベントへの思いを教えてください。

パラサポさんとのお付き合いは、私たちが東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のオフィシャルパートナーになった2016年から、今回JTBブースでも実施している「あすチャレ!運動会」に協賛する形でスタートしました。パラサポさんが掲げる理念に共感し、性別や障がいの有無に関わらず、みんなが笑顔で暮らせる社会の実現に向けて、パラ駅伝にも積極的に協賛させていただいているという状況です。

―実際に様々なパラスポーツに協力される中で、JTBとしてパラスポーツに対してどのように取り組んでいきたいと思っていますか?

私がスポーツビジネス推進担当になって、様々なパラアスリートの方々とコミュニケーションを取る機会があったのですが、特に感じるのは皆さん笑顔なんですよね。障がいを抱えている方々が、笑顔で明るく前向きに頑張っている姿を応援することで、逆に健常者の方々は勇気を与えられているのではないでしょうか。パラスポーツを通して、障がいを抱えている方々の社会進出・社会復帰を後押しするとともに、障がい者と健常者の垣根を超える活動を続けていきたいですね。そうすることで、ユニバーサルツーリズムの普及促進にも取り組んでいきたいと思います。

パラスポーツは、JTBが考える「交流創造事業」のひとつ

青木執行役員によると、今年開催されるラグビーワールドカップ2019日本大会、それに続く、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会、ワールドマスターズゲームズ2021関西...と、世界規模でのスポーツイベントが行われるこの三か年を、ゴールデンスポーツイヤーズと位置づけ、スポーツイベントをビジネスチャンスとしてとらえているそうです。『スポーツが持つ感動と共感は、JTBが目指す「交流創造事業」のひとつのコンテンツになりえます。そしてそれはパラスポーツも同じです。JTBにとってパラスポーツの支援はビジネスとしても社会貢献としても大切な活動であり、今後もパラサポの活動を応援していきたい』 と力強く答えてくれました。

熱戦の結末...感動のフィナーレ

一方、競技場ではレースも佳境に差しかかり、いよいよ最終ランナーへとタスキがつながる瞬間が近づいていました。最終ランナーがスタジアムに入ってくると、会場全体からランナーの名前のコールが湧き起こるなど、ひと際大きな歓声が生まれ、会場は一体感に包まれました。
結果、「ベリーグッド とちぎ」が優勝し、見事三連覇を達成!準優勝は、「ぐんまちゃんランナーズ」、第3位は、「TEAM MIYAGI」となりました。閉会式では入賞を果たした3チームへの表彰に加えて、最も印象に残ったチームに贈られるJTB賞として、はるばるカンボジアから参加した「Golden Angkor」が選ばれました。

そして、フィナーレは、稲垣吾郎さん草彅剛さん香取慎吾さんによるスペシャルライブ。パラスポーツ応援である「雨上がりのステップ」を含む2曲が披露され、興奮の中、幕を閉じました。

熱戦の結末...感動のフィナーレ

今回の「パラ駅伝 in TOKYO 2019」で躍動するランナーの姿は、見る人に感動と勇気、そして気づきを与えていました。また、障がいの有無に関わらず、タスキをつなぐ姿は、スポーツ本来の素晴らしさや意味を伝えるものでした。

パラスポーツの魅力が凝縮された、今回のようなイベントが広がっていくことで、障がい者と健常者の垣根が取り除かれ、誰もが笑顔で生活できるインクルーシブ(共生)社会が実現されていくのかもしれません。

写真提供:日本財団パラリンピックサポートセンター

ご相談、お見積もりのご依頼など、
こちらからお問い合わせください。

この記事に関連する事業

コミュニケーション事業

スポーツ関連ビジネス

地域交流事業

この記事がおすすめなご担当者さま

行政・自治体様

学校・教育関係者様

トップへ戻る